謎の指輪が中国から送られてくる目的はなに?対処法はどうする?

ニュース

最近中国から謎の種が世界各地に送られてきて話題となっていましたが、今度は東京都内に住む男性会社員のもとに突然「謎の指輪」が送られてきたのです。

今回は中国から送られてくる謎の指輪の目的は何なのかや、送られてきた時の対処法についてまとめてみました。

 

謎の指輪が中国から送られてくる目的はなに

謎の指輪が中国から送られてくる目的はいったいなんなのでしょう。いきなりそんなものが送られてくるとだれでも驚かれることでしょう。

今のところ指輪が送られている件数も少なく、どういった目的なのかも判明していません。

謎の種の時にも開封して種を庭に植えたという方もいらっしゃったようですが、さすがに今度は指輪ですので、種の時ほど簡単ではないですよね。

値札には「ダイヤモンドリング プラチナ サファイア」値段は199ドル

値段は199ドルですので日本円にして約2万円ほどになりますから、決して安いものではないです。

送られできた指輪が入っていた袋にはこのように英語で表記していたようですが、送り付け詐欺なのかもしれませんね。

勝手に品物を送り付けておいて、開封してしまていたら返品がきかないといって代金を振り込ませる事件が以前ありました。

謎の種の時にも「ウイルスが混入したものではないか」とか「侵略するための外来種なのでは」などと様々な憶測が飛び交いました。

ひょっとしたら指輪が届いた人が送り先に問い合わせをさせて、さらに個人情報を聞き出そうとしているのかもしれません。

いずれにしても身に覚えがないのであれば、開封したりしないようにするのが無難なようです。

 

謎の指輪が中国から送られてきた時の対処法

謎の種に続き、謎の指輪が中国から送られてきた場合にはどのように対処したらいいのでしょう。

【謎の指輪が未開封の場合】

差出先に心当たりがない(注文してない)場合は、最寄りの郵便局(または配送先)に連絡をして、受け取り拒否の旨、伝えるようにしましょう。

配達時に気づいたらすぐに受け取り拒否をしてください。

【謎の指輪を開封した場合】

お住まいの地域の消費生活センターに相談するようにしましょう。

電話番号がわからない場合は、日本全国から局番無しでかけられる「188」にまずは電話してください。そしたらお近くの消費生活相談窓口を案内しれくれます。

また、案内された最寄りの相談窓口に電話が繋がらない場合は、下記番号に連絡してください。

消費者ホットライン 平日バックアップ相談  03-3446-1623

「消費者ホットライン」に電話した際に、都道府県や政令市の消費生活センター等の電話が話中でつながらない場合、国民生活センターの「平日バックアップ相談」の電話番号がアナウンスされます。国民生活センターでは、最寄りの相談窓口に電話がつながらない場合に相談を受けていますのでご利用ください。

  • 10時~12時、13時~16時(土日祝日、年末年始を除く)。
  • 相談の内容を正確に把握するため、通話を録音しています。
  • 来訪や文書での相談は受け付けておりません。

 

謎の指輪に対する世間の反応

謎の種に続き、謎の指輪が中国から送られてくる事態に対して世間の反応はどうなのか見てみましょう。

「私も中国から届きましたが。開封せずに郵便局に頼んで引き取りしてもらいました。
個人情報がダダ漏れで不安です。」

「気味が悪い。この指輪を見ても、本物のサファイアどころか、プラチナと思えない雑な作りのファッションリングに見えるものの、それでもこれでは送り損になってしまう。
こんなことをして得るものって何なんだろう?最低引き落とし金額はよく確認しておかないといけないけど…」

 

正直こんなことをして何になるのだろう?と個人的には思いますが早く真相解明されると安心なんですが・・・

 

謎の種の正体っていったい何なのか?

中国からの謎の種の正体は何?世間の反応は?

コメント