福島瑞穂が事実婚を選んだ理由は何か!夫婦別姓が必要だったのか!

ニュース

社民党党首である福島瑞穂さんは結婚して子供もいらっしゃいます。しかしながら子供の苗字は福島ではありません。

それは結婚した旦那である海渡雄一さんと婚姻届けを出されていないからです。つまり事実婚という関係なのです。

そこで今回は福島瑞穂さんがなぜ事実婚を選ばれたのか、その理由についてまとめてみました。

 

福島瑞穂が事実婚を選んだ理由は何か

福島瑞穂さんは東京大学法学部を卒業されて、1984年に司法試験に合格され弁護士になられています。

そんな福島瑞穂さんは結婚されているのですが、籍を入れない事実婚を選ばれています。その理由は何だったのでしょう。

jfそのころから慰安婦問題やアジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件の担当弁護士として活躍されていました。

当然ながらこうしたメディアが取り上げる大きな問題は、報道される機会が多いですから、福島さんの顔や名前は世間に広まっていったことだと思います。

福島さんは30才頃に結婚していますが、旦那さんの姓に変えなかった理由としては、今までの活動によって上った知名度を失いたくなかったことがあると思います。

つまり既存の慣習に習わずに自身が良いと思った結果が事実婚による夫婦別姓だったのではないでしょうか。さらには43才で政治家へ転身されそこでも弁護士として活躍していた「福島瑞穂」という知名度が優利に働いたことと思います。

また、姓を変えることで自分自身の価値観が違ってくるといった思いもあったのかっもしれません。

福島さんはとても頭脳明晰な方ですので、弁護士として歪みない価値観を培っていくにはそういった姓が変わるという、微妙な変化も受け入れられなかったとも考えられます。

ちなみに福島さんは1997年に夫婦別姓セミナーという著書を出されています。

また福島さんと旦那の海渡雄一さんは夫婦円満らしく、その秘訣を福島さんは「姓を変えずに不満をため込まなかったから」と言われていました。

福島瑞穂が選んだ事実婚とは

福島瑞穂さんが選択した事実婚とはどういうものになるのでしょう。

通常の結婚関係を法律婚と言って婚姻届けを出すことで結婚していることが証明できるようになっています。

これに対して事実婚は婚姻届けを出さない結婚のことを指しますので、法律上は結婚していると認められず他人という扱いになってしまいます。

実質的に夫婦として共同生活を送っているとみなしてる関係のことになります。

 

事実婚の政治家は他にもいるのか

福島瑞穂さんと同じように事実婚をしている政治家は他にもいるのでしょうか。

調べてみたところ日本共産党の池内さおりさん、自民党の野田聖子さん、日本共産党の吉良よし子さんがいました。

しかしながら野田聖子さんと吉良よし子さんは子供を出産されたあと、婚姻届けを出されて事実婚を解消されています。

事実婚を解消された理由として子供を非嫡出子にしたくなかったと、吉良よし子さんは言われていました。

非嫡出子法律上の婚姻関係にない夫婦の子供を指します。

福島瑞穂さんの若い頃の画像はとても美人でありましたので、福島さんの子供も同じようにかわいいのではないかと思われます。

福島瑞穂さんの娘さんに関する記事はこちらになりますのでご覧ください。

関連記事>>福島瑞穂の子供(娘)の名前や年齢が気になる!職業は法の番人!

 

【まとめ】福島瑞穂が事実婚を選んだ理由は何だったのか!

今回は福島瑞穂さんが30年以上も前に事実婚を選択された理由は何だったのか、ということについてご紹介してきました。

政治家という日本を担う仕事を続けるためには、しっかりとした信念が必要だと思います。

弁護士時代から一貫して福島瑞穂として活動されてきた福島さんにとっては、結婚という選択をしても政治家としての仕事を優先されたかったのかもしれません。

今後も福島さんには日本の為にしっかり頑張っていただきたいです。

そんな福島瑞穂さんに相当なダメ出しをされたのが同じ社民党で沖縄選出の照屋寛徳さんです。

その照屋寛徳さんの息子に関する記事はこちらですのでご覧ください。

関連記事>>照屋寛徳の息子の大学や経歴が気になる!嫁(妻)はどんな人なのか!

東京大学の同級生である福島瑞穂さんの旦那さんは人権派の弁護士をされています。

そんな福島瑞穂さんの旦那さんについての記事はこちらになります。

関連記事>>福島瑞穂の旦那(夫)は学歴や職業がスゴイ!世界の頭脳100に選出!

コメント