箭内夢菜(夢っぺ)の英語力は?なぜ出川ガールになれたのか?

Seventeenの専属モデルオーディションで最終候補の20人に残ったやない夢菜さん。

福島県出身で現在も福島県在住で仕事のたびに上京されていらっしゃいます。

今回は新出川ガールにも選出された箭内ゆめなさんの英語力についてまとめてみました。

目次

箭内夢菜は英語を話せる?

箭内夢菜さんの出身は福島県郡山市です。

箭内という姓は一見聞き馴なく珍しい姓のように感じますが、福島県においてはおよそ1900人ほどいらっしゃって、郡山市では約300人います。

福島県は福島弁といった方言があり、「~じゃないですか」「~でしょう」などの相手に同意を求める言葉を「~だべ」や「~だべした」といったベェベェ言葉が多用されます。

郡山市や二本松市周辺では「~だぞい」「~だばい」「~だっぱい」といった方言になるようです。

そうした方言の強い地域であることから箭内さんが英語を話せる可能性は低いのではないかと思われます。

やないゆめなの英語力や学歴、学力を調査!

箭内夢菜さんは郡山の公立小・中学校を卒業され、高校は清陵情報高校を卒業されているようです。

清陵情報高校の偏差値は50でありそれほど高くありません。

夢っぺこと箭内夢菜さんはyoutubeチャンネルを開設されていますが、その中で話されていたのが本を全く読んだことがないということです。

英語力をつけるには字幕付きの映画やアニメを観たり、英語の音声を聞いたりする必要があると思います。

しかしながら本を読んだこともない箭内さんでは、そこまでの集中力が保てないのではないかと思われます。

箭内夢菜の英語力で出川ガールに選ばれた理由が知りたい!

箭内ゆめなさんは自分でも英語はおろかおバカだといわれています。

しかしながら出川ガールとしてイッテQに出ることが夢だったといっていました。

箭内夢菜さんは海外へ行ったことがなく、飛行機にも乗ったことがないのだそうです。

出川ガールに選ばれた思いをyoutubeで語られていましたのでご覧ください。

出川ガールに選ばれたあと、お母さんと一緒に箭内さんは涙したといわれていました。

そんな箭内さんは出川ガールになって海外へ行きたいという夢を持っていました。

そうした野望をどこかで話されていたのかもしれません。

熱烈に思いを伝えれば通じていくんだということを箭内さんを通して教えられました。

箭内夢菜さんは初登場のイッテQでいきなり100メートルまで打ち上げられたマシュマロを口でキャッチするというロケに挑みました。

惜しい場面はあったのですが最終的に成功には至らず、くやしさのあまり涙を流していました。

そんなひたむきさが面接の中でスタッフに伝わったのではないでしょうか。

早速、出川さんから「夢っぺ」という愛称を付けてもらって嬉しそうでした。

いずれにしてもまたイッテQを見る楽しみが増えそうですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる