つちうら古書倶楽部の場所はどこ?口コミや評判も気になる!

ニュース

茨城県土浦市にあるつちうら古書倶楽部では、レジ袋有料化にともないエコバッグの持ち込みによる万引きのトラブルに困っています。

今回はつちうら古書倶楽部の場所はどこなのかや、口コミや評判についてまとめてみました。

 

つちうら古書倶楽部の場所はどこ?

茨城県土浦市にあるつちうら古書倶楽部ですが、本好きな人は一度行ってみたいと思われたのではないかと思いますので、具体的な場所はどこなのかご紹介していきます。

【つちうら古書倶楽部】

  • 〒300-0036 茨城県土浦市大和町2-1 パティオビル1階
  • 電話番号:029-824-5401
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:第2・第4水曜日

つちうら古書倶楽部は2013年に佐々木嘉弘さんが、パチンコ店だった店舗を改装して開業されました。

当初は24の古書店が共同で出典していました。蔵書数25万冊は東日本最大級の品揃えとなっています。

取り扱われている古書は、絶版となった漫画や文庫本、古文書のほか、文学や美術、歴史関連の本と多岐にわたっています。

最寄り駅はJR土浦駅でそこから徒歩6分の比較的近い場所にあります。駅にほど近い場所にあるため駐車場はありません。

 

つちうら古書倶楽部の口コミや評判は?

つちうら古書倶楽部の口コミや評判はどうなのか気になるところです。

「かなりの広さで、古書好きにはとても居心地がいいです。」

「ゆったりとした時間が流れてますね。のんびり本を探すのはいいかも。ただ結構片付いてないので、目的買いには向いていない気がします。」

「私は古本好きだが、こんな古本屋は他に知らない。整理されていない、しかしなんとなく系統だったすごい量の本が置かれている。新書を扱う大型店とは違い、歴史の断面を記録した古本がこれほどの量あると、訴えるものがある。何時来ても飽きない。」

「車社会の茨城で駐車場がないのは、ありえない。」

つちうら古書倶楽部の口コミや評判には、店内にいるととても「居心地がいい」といわれている方が多いですね。

本好きな人にはこういった歴史という重みのある書籍に囲まれていることが、なんとなく心身ともにリフレッシュできる空間なのでしょう。

 

つちうら古書倶楽部の店内の様子

つちうら古書倶楽部の店内の様子は、どのようになっているのかも気になるのではないでしょうか。

本屋さんなのに楽器も取り扱っているんですね。いきなりかなりの意外性を見せられました。

鉄道ファンにはたまらないものすごい種類の鉄道の本が平積みしてあります。

こちらは列車の行先を表示する「サボ」というものです。もはや本屋さんの域を完全に超えてる。

これだけの量の中から目的の本を探すのは至難の業、でも宝探し感覚で逆に楽しいかもしれませんね。

こちらは江戸時代に書かれた古文書といわれる手紙なのだそうです。いったい誰がこんなものを売りにきたんでしょうね。

街の本屋さんが少なくなる中、こうした遊び心満載のつちうら古書倶楽部のような本屋さんには、これからも本の魅力をどんどん発信していってほしいですね。

コメント