冨田裕樹は結婚して嫁(妻)や子供はいるのか!出身はどこなのかも気になる!

ニュース

大阪池田市の富田裕樹市長が市役所内を住居代わりに使用していたとの報道があり、世間から注目を集めています。

冨田裕樹市長は自宅がなかったのだとしたらとても問題だと思いますが、その真意はどうなのか疑問であります。

今回は富田裕樹市長は結婚していて、嫁(妻)や子供がいるのかや、出身はどこなのかについてまとめてみました。

 

冨田裕樹は結婚して嫁や子供はいるのか

市役所内に私物を持ち込み寝泊まりしていたことが問題となっている大阪池田市の富田裕樹市長は、結婚して嫁(妻)や子供はいるのか気になります。

ご家庭があれば市役所に寝泊まりする必要はないのでは?と思いますが、実際には冨田裕樹市長は結婚していて、嫁も子供もいらっしゃいます。

しかしながらお嫁さんは出産を機に実家に戻り、その後は実家近くにお住まいだと冨田市長は説明されています。

子供さんもまだ小さいはずですし、お嫁さんだけでの子育てはとても大変だと思われます。そうした別居状態であることから、冨田市長は離婚されているのではとの噂も出ているようです。

ではなぜ一緒にお住まいになっていないのか誰でも疑問に思うのではないでしょうか。

その理由について冨田市長は自身のホームページで次のように説明されていました。

家族は妻の実家近くに住んでもらっています。そして週末に家族と時間を過ごしています。その理由は、以前に、家族と自身の身に危険を感じる事件が生じたからです。

引用:http://www.tomita-hiroki.com/

身の危険というのは何なのかとても気になりますが、詳しいことについて冨田市長は触れられていません。

しかしながらそういった物騒なことが生じているのであれば、事前にもっと問題になっていてもおかしくないのではないかと思います。

市役所内に持ち込んだ私物のサウナについても、お嫁さんの強い要望により撤去されたといわれていました。

 

冨田裕樹の出身はどこ

大阪池田氏の富田裕樹市長の出身はどこなのか気になります。

調べてみましたら、冨田市長は兵庫県伊丹市の出身であることがわかりました。伊丹市といえば清酒発祥の地でありかつては酒造業で栄えた街です。

国内線の基幹空港である伊丹空港があり、大阪府の豊中・池田両市と隣接しています。

冨田市長は高校・大学とアメリカンフットボール部に所属していて、高校は関西大倉高等学校で、大学は立命館大学経営学部の出身であります。

関西大倉高等学校は大阪の私立中高一貫校で偏差値62となっています。卒業生には松下電器を作られた松下幸之助さんや、前池田市長を務められた倉田薫さんもいらっしゃいます。

立命館大学の偏差値は50-60であり、アメリカンフットボール部は「パンサーズ」というチーム名です。

卒業生にはプロ野球巨人の原監督のお父さんである原貢さん、野村ID野球の申し子である古田敦也さん、元アメリカンフットボーラーの河口正史さんがいらっしゃいます。

 

【まとめ】冨田裕樹は結婚して嫁や子供はいるのか

今回は大阪池田市の富田裕樹市長は結婚して嫁や子供はいるのか、についてご紹介してきました。

兵庫県知事や山口県議会議長の公用車問題などが世間をにぎわせている中、今回の池田市の富田裕樹市長の私物持ち込み問題は池田市民にとってもなんとも腑に落ちないのではないでしょうか。

いずれにしても池田市民の思いを受けて市長になられた冨田裕樹氏ですので、しっかり今後の活動で池田市を活性化し、池田市民を安心させてあげてほしいと願います。

冨田裕樹市長の記事についてはこちらもありますのでご覧ください。

関連記事>>冨田裕樹の年収はいくらで選挙経歴についても!【池田市長】

コメント