鈴木健吾の父親も陸上で活躍!性格が真面目すぎて怪我?母親についても!

マラソンランナーとして活躍されてる鈴木健吾さん。

富士通に所属されてる鈴木さんは、大学時代は最強ランナーとさえ言われていました。

今回は鈴木けんごさんの父親や母親についてと、鈴木さんの性格などをまとめてみました。

目次

すずきけんごの父親

鈴木健吾さんが陸上を始めたきっかけを作られたのが、お父さんに勧められたからだそうです。

お父さんの和幸さんも陸上競技をやっていて、高校時代には全国高校駅伝に出場されたこともあるとのことです。

鈴木さんんは小学校6年生まではソフトボールをやっていました。

鈴木さんの出身地である愛媛県はソフトボールも盛んなようで、チームもたくさんあったようです。

それが父親からの勧めで陸上をやるようになったのは、お父さんが何かにつけ陸上のおもしろさを語られていたからかもしれませんね。

鈴木さんが中学校に入ってからはお父さんの和幸さんも一緒に練習ついて行ったり、コーチとして指導されたり指令多様です。

当時の様子を鈴木さんはどっちが練習しているかわからない感じだったと表現されていました。

鈴木さんが陸上を始めたことが、よっぽどお父さんにとってはうれしかったんでしょうね。

そんな熱血指導のおかげで鈴木さんもメキメキ実力をつけていかれたのではないでしょうか。

鈴木健吾の母親

鈴木さんのお母さんについての情報は見つかりませんでした。

お父さんが熱血コーチであることから、お母さんが同じように鈴木さんに接していたとちょっと考えられないと思います。

縁の下の力持ちといった存在であったことでしょうから、やさしく気遣いのできるお母さんなのではないでしょうか。

鈴木健吾の性格が真面目すぎて怪我をした?

鈴木さんの出身高校は愛媛県の宇和島東高校です。

当時の陸上部の監督だった和家さんは鈴木さんの事を「本当に素直な子」と言っています。

高校時代は3年間皆勤賞を取るほどで、陸上の朝練でもまったく遅刻はなくて、練習を1度も休むことがなかったそうです。

1年生の合宿中にはどうしても後半のタイムが上らない鈴木さんに疑問を持った和家さんが、鈴木さんを呼び出し質問したところ驚いたといわれていました。

朝練習と午後練習の間の時間にもこっそり一人で走っていたそうなのです。

真面目すぎるがゆえに練習をやりすぎていたのです。

そうしたオーバーワークの結果、2017年には股関節の故障に苦しんだといわれていました。

練習は必要ですが適度な量をこなすことが大事なんですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる