塩浦慎理の高校や大学はどこ?兄弟もイケメンと評判!【競泳選手】

ニュース

2016年リオデジャネイロ競泳男子五輪代表の塩浦慎理さんが、タレントのおのののかさんと結婚したことを公表されました。

今回は塩浦慎理さんの高校や大学はどこなのかや、イケメン兄弟についてまとめてみました。

 

塩浦慎理(しんり)の高校や大学はどこ

見事におのののかさんを射止めた塩浦慎理さんの出身高校はどこなのか見てみましょう。

●塩浦さんの出身高校は「湘南工科大学附属高等学校」の「体育コース」です。

湘南工科大学附属高等学校は神奈川県藤沢市辻堂にある私立の高校になります。もともとは工業高校でしたが、現在は普通科のみとなっています。

偏差値は39~59となっていますので、それほど学力は良いほうではないようです。

  • 進学アドバンスセレクトコース(SC科)
  • 進学アドバンスコース(FA科)
  • 進学スタンダードコース(FS科)
  • 技術コース(E科)
  • 体育コース(T科)

湘南工科大学附属高等学校の卒業生には奥寺康彦さん(元プロサッカー選手)や安藤正彦さん(元バスケットボール選手)、競泳では立石諒さん(ロンドン五輪代表)や中村礼子(北京・アテネ五輪代表)などがいらっしゃいます。

●塩浦慎理さんの出身大学は「中央大学」で学部は「法学部」です。

高校時代から水泳で優れた成績を収められていましたので、スポーツ推薦で入学されたのだと思いますが、それでも勉強と水泳の両立は大変だったのではないでしょうか。

同じ中央大学法学部卒業生には、シドニーオリンピックメドレーリレーで銅メダルを獲得した田中雅美さんがいらっしゃいます。

 

塩浦慎理のプロフィール

塩浦慎理さんのプロフィールについて見てみましょう。

2才でイトマンスイミングスクール百合ケ丘校で水泳を始め、めきめき上達していったそうです。

2才といったらまだよちよち歩きするくらいなのに、水を怖がることもなくプールに入れたのかと思うとえらいとしかいいようがないですね。

伊勢原市立山王中学校を卒業し、湘南工科大学附属高校へと進学します。

2008年には夏季JO(ジュニアオリンピック)50m・100m自由形で優勝を果たしていますし、高校3年生の時にはインターハイで2冠を達成しています。

中央大学へと進んでからも目覚しい成長を見せて、大学4年生の時にはスペインのバルセロナで行われた世界水泳に出場し、男子メドレーリレー決勝でアンカーを務め、見事に銅メダルを獲得しています。

ちなみにモヒカンヘアーにしているのは、名前を憶えてもらうためだというこことですので、泳ぎだけでなく見た目でも自身をアピールする狙いがあったようです。

大学時代にゴールタッチの際に左人差し指を骨折してしまい、水泳を断念し就活を始めたこともあったそうです。

しかしこのまま水泳を終わってしまったら、調子の良い時も悪い時も常に塩浦さんを応援してくれていた、周囲の方に申し訳が立たないと再び水泳の世界へ戻ったのです。

怪我が原因で競技を辞めていく方もいますが、続けれるチャンスがあるのであればやはり頑張ってほしいですよね。

名前 塩浦慎理(しおうら しんり)
生年月日 1991年11月26日
年齢 28才(2020年9月現在)
血液型 A型
身長 188cm
体重 89kg
所属 イトマン東進

 

塩裏慎理にはイケメン兄弟がいると評判

お兄さん夫婦と弟さんそして塩浦さんの4人で写っている写真がインスタグラムに有りました。

お兄さんとよく似ていらっしゃいますし、塩浦さん同様イケメンですね。お兄さんの奥さんもとてもお綺麗な方です。

おのののかさんというかわいいお嫁さんを射止めたことで、今後一層水泳競技にも専念できることだと思います。

これからの活躍を期待しています。

コメント