ルッコラとクレソンの違いを比較してみた!料理法や見分け方について!

地中海沿岸が原産のルッコラと、ヨーロッパから中央アジア原産のクレソンは見た目がとても似ています。

そうしたことから間違って使われたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はルッコラとクレソンに違いについて、料理法や見分け方、旬の時期などについてまとめてみました。

目次

ルッコラとクレソンの違い比較|料理編

ルッコラとクレソンの調理法について比較してみましょう。

ルッコラの調理法

ルッコラはハーブの一種でありますので、香りが漂う性質があります。

そのためサラダなどの生食で食べることが多いようです。

また、加熱して火を通すことで生とは違った味わいが出てきます。

スープや鍋物料理に入れたりして調理される方もいらっしゃいます。

クレソンの調理法

クレソンも独特の香りを持った野菜ですので、その香りを楽しむために生でサラダなどで食べることが多いです。

よく見かけるクレソンの料理風景としては、お肉の付け合わせとしてお皿にのってるようです。

クレソンはオランダミズガラシという別名があります。

その名前のように大根にも似たような辛みを持っていて、おひたしや炒め物といった料理にも使われています。

ルッコラとクレソンの違い比較|見分け方編

ルッコラとクレソンの見分け方についてですが、葉の形を見るといいようです。

  • ・ルッコラ:葉の色が濃い緑色をしていて葉がギザギザしていて細長く、大根の葉に似ています。
  • ・クレソン:葉の色がやや黄色みがかった緑色をしていて、すこし丸みを帯びた形をしています。小さな葉がたくさんついています。

ルッコラはその形状から別名「ロケット」とも言われています。

ルッコラとクレソンの見分け方は葉の大きさや形を見るといいようですね。

ルッコラとクレソンの違い比較|旬の時期

ルッコラとクレソンの旬の時期には違いがあるのか見てみましょう。

ルッコラは年中各地で栽培され出荷されていますので、この時期が旬ということはないようです。

もともとヨーロッパで生まれた野菜ですので、地中海沿岸の気候に近い春と秋に多く栽培されている感じです。

クレソンは野生のものですと3月~5月が最も色鮮やかで柔らかいです。

夏を過ぎると茎が硬く太くなってしまうので、本来の旬は3月~5月の春ということになるよです。

ルッコラとクレソンの旬についてはほぼ同じ時期ですので、違いはあまりないようですね。

カリッコリーという野菜はご存じですか?ロマネスコとの違いについての記事はこちらになります。

カリッコリーとロマネスコの違いは何?食べ方や栄養について比較してみた!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる