宮本勝浩関西大学名誉教授の経歴や出身などのプロフィールについて!

ニュース

現在の紙での請求書を電子化すると1兆円以上もの経済効果があると試算されているのが、関西大学名誉教授である宮本勝浩氏です。

今回は宮本勝浩関西大学名誉教授の経歴や出身などのプロフィールについてまとめてみました。

 

宮本勝浩関西大学名誉教授の経歴

宮本勝浩関西大学名誉教授の経歴についてみてみましょう。

1970年9月に大阪府立大学経済学部助手を務め、その後同学部講師・助教授・学部長を歴任されています。

そしてアメリカハーバード大学、インディアナ大学、上海同済大学、南京理工大学、ロシア極東国立商科大学などの客員教授を歴任し、平成18年4月から関西大学大学院会計研究科教授を務められ、平成27年に関西大学を定年退職されています。

研究分野である数理経済学は数学的手法を用いた経済学の一つの分野にあたり、様々な数式を使って世代間の個人消費の実態を表し、経済との関連性を示すものです。

 

宮本勝浩関西大学名誉教授の出身やプロフィール

宮本勝浩関西大学名誉教授の出身やプロフィールについてみてみましょう。

名前 宮本勝浩(みやもと かつひろ)
生年月日 1945年1月12日
年齢 75才
出身地 和歌山県
出身高校 和歌山県立桐蔭高校
出身大学 大坂府立大学経済学部
出身大学院 大阪大学大学院経済学研究科修士課程修了

和歌山県立桐蔭高校の偏差値は「68」です。和歌山県内でも上位5位に入るほど学力優秀な高校です。

同じ偏差値の高校には開智高校(67)、近畿大学附属和歌山高校「AD科」(70)、近畿大学附属和歌山高校「スーパーAD科」(70)、向陽高校(66)などの高校があります。

桐蔭高校の卒業生には、伊沢修さん(元プロ野球選手)、岸本周平さん(衆議院議員)、黒沢良さん(俳優)、仁坂吉伸さん(和歌山県知事)、竹中平蔵さん(経済学者)などがいらっしゃいます。

宮本勝浩名誉教授は、高校時代から学業成績も優秀であったことがうかがえます。そして経済学を極めるべく大学院へも進学される探求心がすごいです。

 

宮本勝浩関西大学名誉教授が試算した経済効果(損失)

宮本勝浩名誉教授が試算された経済効果(損失)にはどんなものがあるのか見てみましょう。

  • 2020年のプロ野球の経済損失:1,423億円(昨年比)
  • 2020年の夏の甲子園中止の経済損失:672億円
  • SMAP解散による経済損失:636億円
  • 東京オリンピック延期による経済損失:6408億円
  • 上野動物園パンダの赤ちゃん誕生の経済効果:267億円
  • 又吉直樹さんの著書「火花」の経済効果:105億円
  • 恵方巻廃棄の経済損失:10億円
  • 2018年広島カープ優勝の経済効果:459億円

SMAP解散の経済損失は甲子園中止と同じくらいの損失なんですね。損失の大きさがどれほどなのかよくわかります。

また、パンダの赤ちゃん誕生で267億円の経済効果とうのも、如何にパンダが人気なのかを改めて教えてくれています。

こうした国民が注目するような出来事について経済効果(損失)をわかりやすく、数字で表してくれています。

 

宮本勝浩関西大学名誉教授についてのまとめ

今回は宮本勝浩関西大学名誉教授について経歴や出身などのプロフィールについてご紹介してきました。

これからも数字というわかりやすいもので、様々なイベントの経済効果(損失)について教えていただけるとうれしいですね。

コメント