【覆面書道家】憲真の年齢などのwikiプロフィール!顔画像も公開!

書道家の憲真(けんしん)さんは、世界中をまたにかけ名だたるセレブや大富豪からも依頼を受けています。

それだけでも興味津津なのですが、さらに憲真さんは覆面をかぶっていることからさらに謎が深まる存在なんです。

そこで今回は、謎の覆面書道家である憲真さんの年齢などのwikiプロフィールや、覆面の下の素顔(顔画像)についてもご紹介していきます。

目次

「覆面書道家」けんしんの年齢などのwikiプロフィール

覆面書道家である憲真さんの年齢は43才でありますが、その他のプロフィールについては情報が少なくあまり公開されていません。

名前:筆跡詩仙流 憲真(ひっせきしせんりゅう けんしん)
生年月日:1977年9月7日
年齢:43才
出身地:鹿児島県

憲真さんは鹿児島県の出身で驚くことに30才まではパン屋を経営されていました。

それがある事故をきっかけに以前から興味があったアートの世界に飛び込んだそうなのです。

35才の時に事故に遭い「人はいつ死ぬかわからない」「だったら好きなことをやってみよう」

そう思われました。

しかも憲真さんには書道の経験はなかったにもかかわらず、目指したアートの舞台は日本でなくロンドンだったのです。

そこで自己を確立するために海外で日本人らしくあるにはどうするべきか?

を自問自答した結果、たどり着いたのが忍者のコスチュームと覆面というスタイルだったようです。

この憲真さんのパフォーマンスに加えて書道の実力も評価され、瞬く間に世界を代表する唯一無二の覆面書道家となられました。

youtube に憲真さんが作品を手がけている動画がありました。

動画の中で憲真さんは右利きですが書道の文字は左手で書かれています。

その理由は右手だとあまりにもキレイにかけてしまうので、あえて左手を使っているのだそう。

「右手で墨を持つ奥深さに色を宿し、左手に想いを込める。」

このように憲真さんは自身を表現しています。

憲真(覆面書家)の素顔がイケメン【顔画像】

通常は覆面をして素顔を出さない憲真さんですが、インスタグラムやツイッターでは惜しげもなく素顔を出されています。

もともと目が良かったのだろうと思われ40代で早くも老眼になりつつあるようですね。

左手にはタトゥーを入れられていますが、なんとなく眉毛もそれっぽい気がします。

こちらの画像は4年前の憲真さんのようですが、スキンヘッドだったんですね。

憲真(覆面書家)は道具にこだわらないところもかっこいい!

憲真さんはあるこだわりを持っていて、道具にはこだわらずご覧のようにどこででも揃うものを使っています。

ちなみに憲真さんは500万円以下の仕事は引き受けないようにされているそうです。

その作品に使われている道具がまさかこんなに安価なものだとは誰も想像しませんよね。

「みんなが手にできる道具ですごいものを作りたい」

それが憲真さんのモットーのようです。素敵ですね!

憲真(覆面書道家)の作品の値段は1億円!?

覆面書家である憲真さんは以前、ドバイの王族に依頼を受けて作品を手がけたことがあるそうです。

ドバイの王族から依頼があるだけでどれだけ憲真さんが有名であるかがお分かりになるかと思います。

その時に作成されたものがなんと1作品で1億円なんだとか。

それを2枚書かれたとのことですので、合計2億円ですから庶民には理解できないレベルですね。

そして生涯において100作品しか作らないことも公言されていますので、さらに希少価値が高まっているようです。

「俺は求められてるから憲真でいるだけ。
嫌なものは嫌だし嫌いな人は嫌い。」

「それを誤魔化して生きるのが普通なら 俺は普通でいられない。
綺麗事言って無責任を押し付ける奴が良い人っていうのなら 俺はいい人でいられない。」

これは憲真さんが語られた言葉です。

本当に自分というしっかりした軸を持っている素晴らしいアーティストですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる