兵庫県マスク100万枚中国送付に大激怒!井戸知事は県民を捨てた!

政治

兵庫県は備蓄しているマスク100万枚を中国の広東省と海南省に送りました。その理由は何なのか?報道の真相に迫ってみました。

 

報道の概要

 中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が感染拡大していることを受け、兵庫県は10日、マスク約100万枚を友好提携している広東省と海南省に送った。

県によると、両省は阪神・淡路大震災時に義援金を送ったほか、広東省などは2009年の新型インフルエンザ発生時に約20万枚のマスクを県と神戸市に提供。18年の台風19号被害でも海南省が20万元(約350万円)の義援金を県に寄せた。

1月末に在大阪中国総領事館から「衛生用品が不足している」と要請があり、支援を決めた。発送するのは、三木総合防災公園(三木市)に備蓄してあるマスク100万8千枚。同日、公園内で同領事館に引き渡した。

県国際交流課は「これまでの恩返し。今後も友好を深めながら助け合っていきたい」としている。

出典:神戸新聞

 

兵庫県マスク100万枚中国送付に大激怒!

兵庫県の井戸敏三知事は災害用に備蓄しているマスク120万枚のうち、100万枚を姉妹都市の中国広東省と海南省に送ったのです。

その理由は2009年のインフルエンザ発生時にマスクを提供してもらったことと、2018年の台風19号被害時に350万円の義援金をいただいたお礼だと報道されています。

これに対して県民の怒りが爆発しています。

https://twitter.com/xoxonicochan/status/1226794397435449345

名古屋市で10万枚、香川県で2.7万枚を中国に送っていますが、その規模でも苦情が殺到している始末。

何をそんなに中国に対して忖度する必要があるのか疑問だと思いませんか?

 

呆れた井戸敏三知事の県民無視の姿勢

兵庫県の井戸敏三知事の座右の銘は「誠心誠意」。

一生懸命自分の気持ちを真正面からぶつけていけば、どんな問題も解決できるといっています。

今回備蓄分120万枚中、100万枚のマスクを中国に送るのも誠心誠意中国に敬意を表している証拠なんでしょう。

しかしその前に兵庫県の代表であることを忘れていないだろうか?

もちろん日本よりも感染が深刻な中国に配慮することは大事であるが、その前にもっと県民の感情に寄り添う必要があったのではないか。

日本においてもすでにマスクを自由に買うことができない中、県民はおろか全国の国民が困っていて必要不可欠な医療機関ですら足りていないというのに、本当に呆れてしまいます。

 

中国へマスクを送った自治体

北海道・青森・秋田・福島・北陸4県・鳥取・島根・港区・神奈川・千葉・茨城・群馬・山梨・長野・愛知・静岡・大阪・兵庫・京都・奈良・広島・岡山・山口・徳島・香川・愛媛・福岡・佐賀・長崎・宮崎・熊本・大分・鹿児島・沖縄

 

井戸兵庫県知事はなぜこんなにも考えないで発言するのだろうか!

井戸敏三(兵庫県知事)は過去失言もヤバイ!ヘラヘラ会見に県民激怒!

コメント