平井伸治知事はダジャレセンス抜群!有能といわれる理由を検証してみた!

県内の人口が約55万人と全国で最も少ない鳥取県。

そのトップにいるのが平井伸治(ひらい しんじ)知事です。

頭がいい証拠なのか平井知事はダジャレをよく話されることが多いです。

今回は平井知事のセンス抜群のダジャレまとめと、有能な噂について検証してみました。

目次

平井伸治知事のダジャレまとめ!

平井知事はコロナ対策の対策についても県民に分かりやすくダジャレで表現されています。

  • 「人と人、間(あいだ)が愛だ」
  • 「三つもの、密だとミスだ」
  • 「幸せは予防(よぼう)で呼ぼう」

東京都知事も新語をよく使われますが、それとはまた違って平井知事のダジャレはとても親近感が湧いてきます。

平井知事のダジャレにはいくつも「うまい!」と思わずうなってしまう名言があります。

その中の一つに「スタバはないけど砂場はある」があります。

鳥取県といったら甲子園の土にも使われている鳥取砂丘が有名ですね。

その鳥取の有名どころと全国チェーンのスタバを掛け合わせているセンスがすばらしいです。

鳥取県はカニの水揚げ量が北海道に次いで、全国2位のカニの産地なんです。

その鳥取県の特産品と絡ませてダジャレを発するあたりは鳥取県の宣伝効果もばっちり兼ねていますよね。

こうした平井知事のダジャレは自身のキャラクター作りもあると思いますが、それ以上に鳥取県愛をひしひしと感じます。

平井伸治(鳥取知事)が有能といわれる理由を検証

平井知事はとても有能な知事であるという声をよく耳にします。

そうした平井知事が親しまれ有能だといわれる理由について調べてみたところ次のことがわかりました。

  • 話のわかりやすさ
  • 行動の早さ
  • PR活動

平井知事の話し方はとてもわかりやすいです。

それはあまり難しい言葉を使われずに、誰もが聞いて理解できる単語を使っているからだと思います。

頭の良い人はなにかと難しい言葉を使いがちですが、それでは聞き手に伝わらないですよね。

そして行動がとても早いことも有能である所以ではないでしょうか。

平井知事の鳥取県では移住定住支援・子育て支援を推進していかれています。

移住をして定住してもらうために「お試し住宅」の整備を整えられたりした結果、移住者の7割が20~30代という結果に繋がっています。

子育て王国鳥取県を目指し中山間地の保育料を無償、第三子以降は都市部でも無償とするなど積極的に手を打っていらっしゃるのです。

さらには平井知事の代名詞ともいうべきダジャレによる鳥取県のPR活動です。

平井知事はこうした取り組みにより、鳥取県の魅力をどんどんアピールされてるんです。

平井伸治(鳥取知事)世間の反応

鳥取出身の方でしょうか、地元を離れて余計に平井知事の良さを痛感されているようです。

ということは現在住んでいる地域の首長がダメだということなんでしょうね。

平井知事は単なる政治家でなく聴衆をも巻き込み虜にする「エンターテイナー」ですね。

他県の方には鳥取県を羨ましがってる人も大勢いるみたいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる