MENU

森友学園と文書改ざん– category –

学校法人森友学園への国有地売却に絡み、近畿財務局が評価額よりも8億円も安く売却していたことがわかりました。
問題発覚後、森友学園の元理事長籠池泰典と妻の諄子が補助金不正受給により逮捕された。
しかい問題はそれだけでなく、財務局職員による交渉記録の改ざんが行われれいた事実も判明。
渦中の人物元理財局長の佐川宣寿や後任の太田充が証人喚問に呼ばれるも、明確な回答をすることなく事実解明はできなかった。
籠池夫妻と親交があった安倍昭惠総理夫人は、この件に関して一切コメントしておらず、また安倍総理や麻生大臣からの圧力があった可能性も否めない。
そんな中、文書改ざんに抵抗しながらも手を染めてしまった近畿財務局職員の赤木俊夫さんが自殺。
その3年後赤木さんの妻が国と佐川宣寿を相手に訴訟をおこすことになった。
さらには赤木さんの遺書も見つかり、再び波紋の様相を呈すことになったのである。

1