森友学園と文書改ざん

学校法人森友学園への国有地売却に絡み、近畿財務局が評価額よりも8億円も安く売却していたことがわかりました。
問題発覚後、森友学園の元理事長籠池泰典と妻の諄子が補助金不正受給により逮捕された。
しかい問題はそれだけでなく、財務局職員による交渉記録の改ざんが行われれいた事実も判明。
渦中の人物元理財局長の佐川宣寿や後任の太田充が証人喚問に呼ばれるも、明確な回答をすることなく事実解明はできなかった。
籠池夫妻と親交があった安倍昭惠総理夫人は、この件に関して一切コメントしておらず、また安倍総理や麻生大臣からの圧力があった可能性も否めない。
そんな中、文書改ざんに抵抗しながらも手を染めてしまった近畿財務局職員の赤木俊夫さんが自殺。
その3年後赤木さんの妻が国と佐川宣寿を相手に訴訟をおこすことになった。
さらには赤木さんの遺書も見つかり、再び波紋の様相を呈すことになったのである。

森友学園と文書改ざん

池田靖(やすし)は赤木俊夫を裏切り栄転「上司が悪に負け見殺しに」!

森友学園の補助金不正受給から端を発し、財務省の文書改ざん問題へと発展した事件で改ざんに手を染めた自責の念から自殺した赤木俊夫さんの直属の上司だったのが、池田靖氏である。 その池田靖氏が赤木俊夫さんに改ざんを強要し、罪をかぶせたのか?について迫ってみました。
森友学園と文書改ざん

谷査恵子(さえこ)は森友問題の犠牲者か?昭恵夫人付秘書は現在イタリア1等書記官!

森友学園問題で安倍昭惠夫人の秘書を務めていたのが、谷査恵子(さえこ)氏である。当時もっとも森友学園と昭惠夫人のつながりを解明できる人物として注目されたが、何も語ることはありませんでした。 谷査恵子氏の経歴や現在、公務員であるがゆえ指示に従ってしまった、森友問題の犠牲者かについて迫ってみました。
森友学園と文書改ざん

籠池泰典(やすのり)と妻諄子(じゅんこ)の裁判から現在は?安倍昭恵総理婦人との関係やスクープ記事でどう変わる?

森友学園の前理事長籠池泰典(67才)と妻諄子(63才)が、補助金を不正受給したとして、大阪地裁で有罪判決を受けました。 籠池泰典と妻諄子の現在についてと安倍昭恵総理夫人との関係、さらには森友問題で自殺した職員の遺書により今後どのようになっていくのかについて迫ってみました。
森友学園と文書改ざん

相澤冬樹の経歴や学歴プロフィールは?NHKを辞めた理由が衝撃!森友問題を追いかけ続けたスクープ記者!

森友学園の文書改ざん事件に関わったとして自ら死を選んでしまった赤木俊夫さん。その手記や遺書をスクープしたのが、相澤冬樹である。 相澤冬樹の学歴やプロフィール、NHKを辞めた理由について迫ってみました。
森友学園と文書改ざん

赤木俊夫さんの妻昌子はどんな人?遺書を公開した理由がヤバイ!森友改ざんで国と佐川宣寿を提訴!

2018年3月7日、森友学園を巡る問題で近畿財務局の職員だった赤木俊夫さん(54才)が文書改ざんに関わった責任をとり、自ら命を絶ちました。 2年後の2020年3月18日、赤木さんの妻昌子さん(仮名)が国と佐川宣寿を相手に1億1000万円の損害賠償を求めて大坂地裁に提訴。 赤木さんの妻昌子さんはどんな人で遺書を公開した理由は何だったのか、なぜこのタイミングだったのかについて迫ってみました。
森友学園と文書改ざん

太田充(みつる)の人柄や経歴プロフィールは?嫁や息子はいるの?国会答弁の是非で出世が決まっていた?

森友問題での文書改ざんにおいて連日国会で追及される中、当時の財務省理財局長だった太田充(みつる)氏。 太田みつる氏の人柄や経歴プロフィール、嫁や息子はいるのかについて迫ってみました。
森友学園と文書改ざん

森友問題と文書改ざんについてわかりやすく!関与した人物についても!

2016年に起こった森友学園を巡り国有地売却に関するさまざまな問題が噴出しました。すでに4年が経過していますので、森友問題と文書かいざん事件についてと関与した人物はどんな人がいたのかについて迫ってみました。
森友学園と文書改ざん

美並義人(みなみよしと)の家族や嫁はいるの?経歴や学歴についても!全責任を取るといった上司

森友学園問題で文書改ざん事件の責任を取って、自殺した赤木俊夫さんの遺書に名前がのっていたのが美並義人(みなみよしと)です。 みなみよしとには家族や嫁がいるのか?や経歴や学歴についても迫ってみました。
森友学園と文書改ざん

佐川宣寿(のぶひさ)の現在は?家族や息子は?経歴や天下り先はどうなってる?

学校法人「森友学園」をめぐる文書改ざん事件で、2年前に自殺した赤木俊夫さん(当時54才)の妻が文書改ざんは、当時、財務局理財局局長の佐川宣寿(のぶひさ)の指示だったと告発しました。 これにより再び注目を浴びることになった佐川のぶひさについて、家族や息子、経歴や天下り先について迫ってみました。