美炎ーBIENのメンバーは誰?鼻吹雪作詞・作曲はチョコプラ長田?

チョコプラとパンサーがコラボしたビジュアル系バンド「美炎ーBIEN」がまるで本物のミュージシャンのようで話題となっています。

BIENのメンバーはかなり顔をメイクで変えていますので、誰だかわからなくなっています。

お笑い好きな方ならすぐわかるかもしれませんが・・・

今回はびえんーBIENのメンバーが誰なのかや、鼻吹雪の作詞・作曲はチョコプラの長田さんなのかについてまとめてみました。

目次

鼻炎ーBIENのメンバーは誰?

ビジュアル系バンドの美炎-BIENは4人で構成されています。

ヴォーカル・ギター・ベース・ドラムをそれぞれのメンバーが担当していて、かなり様になっています。

一見すると、まるで本物のバンドが出てきたのかと思ってしまうほどですので、新しいバンドが出てきたのかと勘違いする人もいるかもしれませんね。

そこで鼻炎ーBIENのメンバーをご紹介しておきます。

●ヴォーカル:Kusyami(くしゃみ)

ヴォーカルのKusyamiを務めているのは、チョコプラの長田さんです。

長田さんは歌が上手くて歌声だけ聴いていると、聞きほれてしまうほどです。

●ギター:Zumari(ずまり)

ギターを務めているのはパンサーの向井さんです。

向井さんはメイクしていない時の顔とは全然違っていますので、いわれないとわからないですね。

●ベース:Dast(だすと)

ベースを務めているのはパンサーの菅(かん)さんです。

菅さんはもともと長髪ですし、ヒゲもありますのでわかりやすいですね。

●ドラム:Kafun(かふん)

ドラムを務めているのはチョコプラの松尾さんです。

松尾さんはほとんどそのままという感じですのでこちらもわかりやすいです。

松尾さんの動きを見ていますと本当にドラムを叩いているように思えます。

チョコプラは2人でパンサーは3人ですので、本来であればもう一人いないとおかしいのですがなぜか一人かけていますね。

どうやらパンサーの尾形さんがいないようです。

お笑い芸人でありながらこうしたメイクをやりたくなかったとは思えませんが、ひょっとしたら他の仕事の関係で参加できなかったのかもしれません。

びえん-BIENの花風吹の作詞・作曲はチョコプラ長田?

鼻炎-BIENの鼻風吹はリズム感のあるノリの良い曲であり、歌詞もとても聞こえが良いといった声が挙がっています。

そこで気になるのがこの歌は誰が作詞・作曲したのかということです。

おそらくですがチョコプラの長田さんではないかと思います。

あくまでも推測なのですが、お笑いのセンスに長けてるチョコプラの長田さんですので、こうした企画を考えて歌を作ったのもなんとなく頷けます。

しかしながら鼻にティッシュを詰めながら歌うのはとてもしんどそうですね。

そうしてビジュアル的にも笑いを取りに行くところが、さすがだと納得させられてしまいました。

鼻炎-BIENは第二のTT兄弟になるのか?

おそらくチョコプラとパンサーのコラボバンドである、美炎ーBIENはSNSなどで拡散されて今後広まっていくものと思われます。

それは過去のチョコプラのヒット作である「TT兄弟」も同じ有吉の壁から産まれたものだからです。

TT兄弟も有吉の壁でチョコプラが披露したことから火が付き、あっという間に子供から大人まで浸透していきました。

そうした経緯からして、鼻炎ーBIENは第二のTT兄弟となりブレイクするのではないかと思います。

び炎ーBIENのはなふぶきは心地よい曲!

有吉の壁が放送されてからすでにネット上ではものすごい反響があります。

スゴイですね。youtubeではすでに再生回数が6万回を超えているそうです。

いかに皆さんの関心が高いかがわかるのではないでしょうか。

「すでに子供がかーんで かーんでと歌ってる。」

といった声もあり、子供が口ずさむということは学校でもすぐに話題になるはずです。

かんで~かんで~かんで~と歌詞だけ見ると、お笑いの要素満載なのですが、曲を聞きながら歌詞を聞くとかなりいい感じなんですよ。

今後の動向から目が離せないですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる