わらび 野菜

わらびのあく抜きは重曹がいいの?他の方法は?

 

わらびはおいしい山菜ですが、生では食べれませんのであく抜きが必要になります。このあく抜きですが重曹でできるのをご存知ですか?今回は重曹を使ったあく抜きのやり方とそれ以外の方法についてまとめました。

スポンサーリンク

 

わらびのあく抜きを重曹で行うやり方

準備するもの

わらび約500g

水(わらびの量の2倍)

重曹小さじ1~2杯

鍋(わらびが十分入る大きさ)

 

あく抜き手順

1.わらびを水洗いして根元を少し切ります。

2.鍋に水を入れて沸騰したらその中に重曹を入れます。

3.重曹が溶けてしまったら火を止めます。

4.粗熱を取れたらわらびを入れます。

5.わらびが浮かんでこないように重しをします。

6.硬さを見ながら水替えをします。

7.半日そのまま放置します。

8.わらびがお好みの硬さになったら取り出して水洗いします。

 

沸騰したお湯の粗熱を取るのは熱すぎるためです。お湯の温度が熱すぎるとわらび本来の味や食感が損なわれてしまうんです。それと粗熱が取れてるかどうかは手を入れてみて熱くないと感じれるようであれば大丈夫です。

重曹の量は水の量に対して1%より少ない量にしてください。例えば水1000ccだと重曹は10g以下ということですね。

 

重曹が多すぎるとあく抜きできません。入れ過ぎないようにしましょう

 

 

わらびのあく抜きを小麦粉で行う方法

準備するもの

わらび約500g

小麦粉大さじ4杯

塩小さじ1杯

水1000cc

 

あく抜き手順

1.鍋に水を入れて沸騰させます。

2.その中に小麦粉大さじ4杯と塩小さじ1杯を加えます。

3.わらびを入れて弱火で2~3分茹でます。

4.火を止めてわらびを冷水に10分間浸します。

小麦粉を使ったあく抜きの方法は重曹の場合に比べてかなり短時間でできますので、おすすめです。

スポンサーリンク

 

わらびのあく抜きを灰で行う方法

準備するもの

わらび約500g

灰適量

水1000cc

 

あく抜きの手順

1.わらびを水洗いします。

2.水洗いしたわらびを鍋に入れて、その上に灰をかけます。

3.沸騰したお湯をわらびが隠れるほどたっぷりそそぎます。

4.そのまま重しをのせて放置します。

5.冷めたらわらびを出して水洗いします。

6.きれいな水に浸して4~5時間おきます。

 

灰は今ではなかなか手に入らないかもしれませんが、こういった方法でもあく抜きができますので試してみてください。

 

そもそもあく抜きってなに?

あく抜きとは食材の渋みや苦みなどの邪魔になる成分を取り除くことです。

 

 

まとめ

わらびのあく抜きは必ず必要。

わらびのあく抜きは重曹・小麦粉・灰でできる。

重曹を使う場合は入れ過ぎないようにする。

小麦粉を使ったあく抜きは短時間でできる。

わらびはあく抜きをすれば中毒を引き起こすプタキロサイドも消滅してしまいますので、安心して食べることができるんです。正しいあく抜きをして短い期間しか楽しめないわらびをたっぷり食べてくださいね。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-わらび, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.