うなぎ 7月の食べ物

うなぎが高い理由は?値段はいくら?

 

うなぎはおいしいですけどちょっと値段高いからそんなに頻繁に食べれない。と思っている方は多いのではないでしょうか?そもそもうなぎはなんで高いんでしょうね。また平均的な値段ていくらくらいなんでしょうね。今回はそういったことについてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

うなぎが高い理由は?

うなぎが高い理由は数が少ないからなんです。一般に売られているのは養殖うなぎですがその養殖うなぎはうなぎの稚魚であるシラスウナギを海から獲ってきて養殖します。

このシラスウナギは天然のうなぎが産みますのでその「天然のうなぎが減る=シラスウナギが減る」という構図になるんです。

天然のうなぎは年々減少しています。

 

このように天然うなぎの減少にともない、その稚魚であるシラスウナギも減少に歯止めがかからないんです。

当然のことながらシラスウナギの減少は取引価格に直接影響してきます。

シラスウナギは2018年で1k180万円でしたが、その前年には歴史的な不漁であったためシラスウナギの価格は1k360万円もしたそうです。

そもそもの原理として絶対量が少なくなって欲しい人が多ければ当然価格は高くなるということですね。

スポンサーリンク

 

天然うなぎが減ってる原因

天然うなぎが減ってる理由は「乱獲」にあります。

日本ではシラスウナギを獲る場合には国の許可がないと獲ることができないんですが、海外は違っていてそういう決まりがなく養殖用にシラスウナギを獲りまくってしまっているんです。

うなぎは日本だけでなくアジアをはじめヨーロッパの国々でも食べる習慣があり、庶民に人気がある食べ物なんです。ちょっと意外でしたか?

もうひとつの理由は養殖にシラスウナギギが使われることです。海でシラスウナギがそのまま成長していけばそこで産卵するので、シラスウナギが増えていきます。

しかしシラスウナギが養殖用にばかり回ってしまえば、産卵するうなぎが減っていってしまいますのでシラスウナギが少なくなるというわけなんです。

だったら完全養殖でうなぎを育てたらいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、実は稚魚からの完全養殖化は成功しているのですが、まだまだコストが高すぎて実用化にいたっていないといわれています。

うなぎの種類は何種類?産地はどこがあるの?

  うなぎが何種類あるのかご存知ですか?国産と中国産くらいしか知らない方がほとんどではないでしょうか。調べてみるとえーそんなにあるのといくらいたくさんの種類がありました。さらにうなぎの産地も ...

続きを見る

 

うなぎの値段はいくらくらい?

蒲焼にしてあるうなぎの場合僕が知る限りですと、1尾1,980円が平均的な金額ですね。

うな重ですと2,500円くらいになります。

うなぎの旬はいつ?食べ方はどうする?

  日本人はうなぎが大好きなんです。夏バテ防止にといって食べることが多いですが、うなぎの旬っていつなんでしょうね?そしてどんな食べ方があるのかについてもまとめてみました。 スポンサーリンク ...

続きを見る

ちなみにうな重で並・上・特上ってなにが違うのかご存知でしょうか?この違いは意外にも「うなぎの量」が違うだけなんです。

うなぎの質はどれもまったく同じなんですよ。

そして「うな重」と「うな丼」の違いは器の違いだけなんです。えーたったそれだけなの。ってなりますよね。

器の違いだけとはいえやはりうなぎは丼よりもお重でいただく方が見た目もおいしそうですし、高級感にあふれていますね。

 

 

まとめ

うなぎが高い理由は乱獲によるシラスウナギの減少による

日本ではシラスウナギを獲る場合国の許可がいる

シラスウナギの価格は1k180万円する

うなぎの値段は1尾1,980円でうな重は2,500円

うな重の並・上・特上の違いはうなぎの量の多少

うなぎは稚魚から養殖していると思っていましたが、そうではなかったんですね。自然のものには限界がありますのでどこかで調整していく必要がでてきます。いつまでも手ごろな価格でうなぎが食べれるようにシラスウナギの減少に歯止めがかかるといいですね。

うなぎの種類や産地、旬や高い理由などのまとめ記事!

夏になるとうなぎを食べることが多くなると思いますが、これは夏バテしないようにとうなぎを食べる人が意識しているからなんです。栄養はもちろんのことそれ以外にも知られざるうなぎに関することを書いた記事をまと ...

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-うなぎ, 7月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.