うなぎ 7月の食べ物

うなぎの種類は何種類?産地はどこがあるの?

更新日:

 

うなぎが何種類あるのかご存知ですか?国産と中国産くらいしか知らない方がほとんどではないでしょうか。調べてみるとえーそんなにあるのといくらいたくさんの種類がありました。さらにうなぎの産地も全国にありましたのでこれらについてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

うなぎの種類は?

世界にはうなぎは19種類いてその中で食用になるのは4種類になります。

  • ニホンウナギ(アンギラ・ジャポニカ)
  • ヨーロッパウナギ(アンギラ・アンギラ)
  • アメリカウナギ
  • ビカーラウナギ
  • アンギラ・ベンガレンシス(インド)
  • ショートフィンウナギ
  • ロングフィンウナギ
  • 電気ウナギ
  • ニューギニアウナギ
  • アンギラ・ラビアータ
  • ポリネシアンウナギ
  • オオウナギ
  • アンギュラオブスキュラ
  • アンギララインハーディ
  • アンギラブレビスプス
  • アンギラニグリカン
  • アンギラボルネンシス
  • ニューギニアウナギ
  • ショートフィンイール

この中で僕らが普段食べているのはニホンウナギになります。

ニホンウナギは太平洋のマリアナ海溝付近で産卵し、黒潮に沿って日本や中国、台湾周辺に稚魚がやってきます。日本近海でシラスウナギになり河口で捕われたものは養殖場へと運ばれていきます。

日本で卵から孵化させる技術はまだ開発されていませんので、養殖といっても半分は天然ということになるんです。

ということはこの天然のシラスウナギが減っていけば養殖のうなぎも当然育たないわけですから、うなぎを食べれなくなってしまうことになるんですね。

そんなことにならないようにシラスウナギに頑張ってもらいたいです。

スポンサーリンク

 

 

うなぎの産地はどこ?

順位 県名 生産量
第一位 鹿児島県 8,522t
第二位 愛知県 5,780t
第三位 宮崎県 3,262t
第四位 静岡県 1,705t
第五位 高知県 594t

      参考資料:日本養鰻漁業協同組合連合会

 

ごらんのように全体の約40%を鹿児島県が占めています。これは温暖な気候と豊富な用水、種苗となるシラスウナギが入手しやすいことなど養鰻の条件が整っていることが要因となっています。

うなぎといったら静岡県の浜松市をイメージしますが、その静岡県は第四位の生産量になっています。

こうした養殖うなぎは全国で約2万tの生産量ですが、一方で天然うなぎの漁獲量はわずか70tにすぎないのです。

もともと海で育ったシラスウナギなのにどうしてこういう産地の違いがあるのでしょう?

実は産地の定義というのは

「一番長く養殖された場所」

ということになるんです。

これってちょっと意外じゃなかったですか?

青果物でもこれと似たようなことがあるんですよ。青果物の産地なんですが、生産地でなく出荷した人の所在地が産地として明記されることがあるんです。

ちょっとわかりにくいと思いますので例を挙げて説明すると、A県で収穫されたキャベツをB県の商人さんが市場に出されたらそのキャベツの産地はB県になるというわけです。

普通は生産者が青果物を市場に出されると思いますが、このように生産者に代わって青果物を市場に出される商人と呼ばれる人たちがいるんです。

つまりもともと同じシラスウナギでも長く育った場所が生産地になるのと似ている気がしましたので、例えとして挙げさせていただきました。

 

日本以外でもうなぎを食べるの?

 

うなぎというとなんとなく日本だけが食べてるのでは?と思ってしまいますが、そんなことはなくアジア諸国をはじめイギリス、イタリア、オランダなどヨーロッパでもうなぎを食べる文化があるんです。

その食べ方は日本と同じように蒲焼だったり、うなぎピザとして食べられています。

ちょっと変わった食べ方としてはイギリスには「うなぎのゼリー寄せ」という料理があります。その昔ロンドンを流れるテムズ川うなぎが生息していたので庶民、特に貧困層の腹を満たす料理として生まれたのだといわれています。

これはうなぎをぶつ切りにしたものをレモン汁や香料とともに煮込んでその後、冷やしてゼリー状に固めたものを食べるものです。

いつの時代も素材を生かした調理法が考えられてたんですね。

 

 

まとめ

うなぎの種類は19種類で食べれるのは4種類

国内の食用ウナギはニホンウナギ(アンギラジャポニカ)

食用うなぎの稚魚はシラスウナギ

うなぎ生産一位は鹿児島県

海外でもうなぎを食べる文化がある

うなぎの種類がこんなにあるとは驚きましたね。それと日本以外でもうなぎを食べていたのも不思議な感じがしました。さらに全国どこのうなぎももともと同じ稚魚のシラスウナギを育てているので、種類は同じってことだったんですね。

うなぎの種類や産地、旬や高い理由などのまとめ記事!

夏になるとうなぎを食べることが多くなると思いますが、これは夏バテしないようにとうなぎを食べる人が意識しているからなんです。栄養はもちろんのことそれ以外にも知られざるうなぎに関することを書いた記事をまと ...

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-うなぎ, 7月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.