うなぎ 7月の食べ物

うなぎの旬はいつ?食べ方はどうする?

 

日本人はうなぎが大好きなんです。夏バテ防止にといって食べることが多いですが、うなぎのっていつなんでしょうね?そしてどんな食べ方があるのかについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

 

うなぎの旬はいつ?

天然のうなぎの旬は10月~12月にかけてになります。季節でいうと秋から冬ということになるんですね。

一方、養殖うなぎの旬は6月~8月にかけてですので、夏になるわけです。

では天然うなぎと養殖うなぎに旬について詳しく見ていくことにしましょう。

 

天然うなぎの旬について

うなぎは冬になって寒くなると冬眠をするんです。冬眠するということはずっと寝てるわけなのでいっさい食べ物を食べないということになります。

そのため冬眠前に十分な体力を保っておく必要がありますので、栄養を蓄えようとたくさん食べるんです。

冬眠といったら僕はクマをイメージしますが、クマも冬眠前にはエサを求めて人里まで下りてくるとよく聞きますのでこれと同じなんですね。

天然うなぎの漁は5月~12月まで行われているのも寒くなるとうなぎが冬眠してしまうからなんですね。

このように冬眠前のうなぎや川や湖で5年~12年生息して成長し、産卵のため川を下り始める「下りうなぎ」は脂がのってとてもおいしいといわれています。

天然うなぎはその数が減少の一途をたどっており、養殖うなぎの20,000tに対してわずか100tにも満たないんです。

 

 

養殖うなぎの旬について

養殖うなぎは1年中徹底した温度管理のもとで人工的に育てられますので、本来旬はないということになるのかもしれませんがうなぎを食べる習慣があるのが、夏に集中しているためその時期に合わせて出荷できるようにしているので強いていうなら夏になるということです。

夏にうなぎを食べる習慣が根付いたのは江戸時代に始まった「土用の丑の日」が原点になっています。当時、夏にうなぎが売れなかったので土用の丑の日に「う」の付く食べ物を食べると病気になりにくいといわれていたため、平賀源内さんのアイデアでうなぎを食べる習慣が根付いていったんです。

一般に流通しているうなぎは、ほぼすべてが養殖うなぎになります。

スポンサーリンク

 

うなぎの食べ方は?

うなぎの食べ方として多いのは次の2つです。

  • 蒲焼
  • 白焼き

蒲焼はよく食べられてるものですのでご存知の方も多いと思いますが、あまり知られてませんが白焼きもおいしい食べ方なんですよ。

蒲焼

蒲焼は白焼きにタレを付けて焼いたものになります。砂糖・醤油・みりんなどを使って作られた甘辛いタレはうなぎだけでなく白いご飯にもすごくあいますので、とっても美味しく食欲を誘うんです。

通常売ってあるものも蒲焼がほとんどですが、それほど蒲焼でうなぎを食べてる方が多い証拠ですね。

 

白焼き

白焼きはタレを付けずにそのままうなぎを焼き上げるものを言います。

そんな白焼きのうなぎはどうやって食べるのかというと、わさび醤油につけて食べたり、塩をかけて食べるのもうなぎの旨味を引き立ててくれるので、おすすめの食べ方になります。

タレをつけた蒲焼の味が少し濃かったり、しつこいと感じる方には白焼きの方を試してみるのがいいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

うなぎの旬は天然は10月~12月で養殖は6月~8月

うなぎは冬眠する

一般に出回ってるのは養殖うなぎ

川や湖で5年~12年かけて成長する

うなぎの食べ方には蒲焼と白焼きがある

うなぎの旬は天然と養殖で違うんですね。そして天然のうなぎは滅茶苦茶少ないこともわかりました。折角ならおいしい時にうなぎを食べたいと思いませんか?今回の記事を参考にしてみてくださいね。

うなぎの種類や産地、旬や高い理由などのまとめ記事!

夏になるとうなぎを食べることが多くなると思いますが、これは夏バテしないようにとうなぎを食べる人が意識しているからなんです。栄養はもちろんのことそれ以外にも知られざるうなぎに関することを書いた記事をまと ...

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-うなぎ, 7月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.