チョコレート 甘いもの

”チョコレート”は何歳から食べてもいいの?どんなことに注意が必要?

 

チョコレートは子供にとってはベスト3に入るほど大好きなお菓子ではないでしょうか。そんな甘くておいしいチョコレートですが何歳くらいから食べても大丈夫なんでしょう?また早すぎるとダメな理由についてもまとめました。

スポンサーリンク

 

 

チョコレートは何歳から食べてもいいの?

チョコレートが食べれるようになるのは目安として3歳ころからです。

ではなぜそのように言われているのかというと次のような理由が考えられます。

  • 味覚の土台は3歳までに作られるから
  • 刺激が強すぎるから

味覚の土台は3歳までに出来上がるといわれていて赤ちゃんにはそれまでにいろんな味のものを食べさせてあげるのがいいです。しかしチョコレートのように味が濃いものや刺激があるものを幼少期から与えるのは、味覚がマヒしてしまいますので控えた方がいいんです。

「味覚とは生きていくために必要なものを識別する能力」なんです。味覚には甘味・塩味・酸味・苦み・旨味がありますがこれらの味覚を赤ちゃんはしっかり判断しています。

生きるために必要な甘みや旨味を「おいしい」と感じ、苦みや酸味を体に害を及ぼす「危険な味」と感じて嫌がり食べません。

赤ちゃんは言葉を話せないだけでしっかりおいしいおいしくないがわかっているんですね!

味を感じる舌の表面にある「味蕾(みらい)」は生後3ヶ月からでき始めおよそ10,000個に成長するのに対し、20~30代では7,500個、60代になると3,000個にまでも減少するといわれています。このことからも大人より赤ちゃんの方が味覚が優れていることがわかります。

このように敏感な味覚を持っている赤ちゃんにまだ味覚が育たない時期からチョコレートのように味が濃いものを与えるのはややもするとそれ以外の薄味のものは受け入れなくなってしまう恐れがあります。

また刺激が強すぎることも良くないため、味覚の土台ができた3歳ころがチョコレートを食べさせてもよいころではないかという結論になるわけです。

スポンサーリンク

 

 

どんなことに注意が必要?

3歳を過ぎた幼児にチョコレートを与える時に注意した方が良い点についてご紹介します。

  • 虫歯や肥満に注意する
  • 依存性が強くなる
  • 落ち着きがなくなる
  • アレルギーに注意する

 

虫歯や肥満に注意する

チョコレートは糖分を多く含んでいますのでやはり虫歯になりやすくなりますし、食べ過ぎると糖分の取りすぎになり肥満の原因になります。

予防としてはチョコレートを食べさせた後は必ず歯磨きをしてください。乳歯の時に虫歯になると永久歯の虫歯のリスクも高くなりますし、歯並びにも悪影響が出てきますので注意しましょう。

 

依存性が強くなる

甘くて刺激が強いのでもっともっとと欲しがりやすくなりますので注意が必要です。食事の時に食べさせることはしないでおやつの時にあげるようにしましょう。

チョコレートの甘い誘惑に負けてご飯を食べないようになってはいけませんので、ご飯をしっかり食べさせてあげていろんな味を経験させてやると味覚も育っていきます。

与える量は1日1回で一かけらほどか、もしくは溶かしたチョコレートをフルーツにかけたものを食べさせることから始めるのもいいと思います。

チョコレートは脂肪分が多いので消化能力が未熟な乳幼児には内臓の負担も大きくなります。

 

落ち着きがなくなる

覚せい作用のあるテオブロミンやカフェインがチョコレートには含まれていますので、これらの作用により興奮状態になったりして落ち着きがなくなる可能性があります。

そうした事態にならないようにたくさん与え過ぎないようにしましょう。

 

アレルギーに注意する

チョコレートの原料であるカカオにはチラミンと呼ばれる血管性浮腫物質が含まれており、これがアレルギーの原因になるといわれています。

家族になにかしらの食べ物アレルギーを持っている人がいる場合は注意した方がいいです。

このようにチョコレートを乳児の頃から食べさせることで様々な弊害が出てきますので、できるだけあげる時には注意して分量を決めて与えるようにすることが大事になっていきます。

 

 

まとめ

チョコレートを食べていい目安は3歳ころから

味覚の土台は3歳までに作られる

味を感じる味蕾(みらい)は生後3ヶ月頃から成長し始め約10,000個ともっとも多く大人より味覚に敏感

乳幼児がチョコレートを食べるとダメな理由は4つ

  • 虫歯や肥満の原因になる
  • 依存性が強い
  • 落ち着きがなくなる
  • アレルギーの可能性がある

チョコレートを食べた後は歯磨きを必ず行う

最初はチョコレートを溶かして果物などにかけたものをあげるといい

チョコレートの味を早くから覚えさせると味覚に影響がでてくる恐れがあるんですね。たしかに味が濃いし甘くて大人でもクセになる食べ物ですから乳児のとってはなおさらですよね。いくらおいしものでも食べ方を間違えると害になってしまうということは怖いことです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-チョコレート, 甘いもの

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.