チョコレートアレルギーの症状は?対策や予防法はあるの?

野菜果物関連

 

チョコレートを食べてアレルギー症状が出る人もいるんですね。多くの人はそんなことないと思いますがそうなるとチョコレートが食べれないのでかわいそうです。そこでチョコレートアレルギーはどんな症状がでるのかや対策予防法についてまとめました。

[quads id=1]

 

 

チョコレートアレルギーの症状は?

チョコレートアレルギーの症状には次のようなものがあります。

  • 喉の痛みやいがいが
  • 頭痛
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 鼻血
  • 腹痛
  • 痙攣けいれん
  • 蕁麻疹じんましん

僕自身チョコレートが好きでよく食べるのですが、まさかそのチョコレートでこんなアレルギー症状が出るなんてとても驚きです。

このようなチョコレートによるアレルギーは即時型アレルギーといわれていて、原因物質であるチョコレートを食べてから2時間以内と早いタイミングで症状が出てきます。

ではチョコレートで起こるこれらの症状の原因は何なのかについてみて見ましょう。

[st-card id=5859 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

 

チョコレートアレルギーの原因

チョコレートアレルギーの原因となっているのは原料のカカオに含まれている

  • チラミン
  • ニッケル

この2つの成分がアレルギーの原因だといわれています。

チラミン

チラミンを摂取して体内に蓄積すると血圧を上昇させて血管を収縮させる作用があります。その後チラミンの効果が切れると今度は血管が拡張して頭痛や蕁麻疹などの症状が起こるのです。

チラミンはチョコレートに限らずココア・赤ワイン・熟成チーズ・イチジクなどにも含まれていますので、それらを食べたり飲んだりして同じような症状が現れたらチラミンを疑った方がいいです。

もちろん飲みすぎて頭が痛くなるのはアレルギーではありませんのであしからず。

 

ニッケル

ニッケルは金属でその金属がカカオには含まれています。ですので厳密に言うとニッケルによるアレルギーはチョコレートアレルギーではなく金属アレルギーということになります。

ネックレスや時計・指輪などで蕁麻疹やかゆみの症状が現れるのは微量の金属が汗などと一緒に体内に入っていきそれに体が反応して症状を引き起こしているのです。

ですが金属アレルギーを持ってる人が必ずしもチョコレートを食べてアレルギー症状を引き起こすかというとそうでもありません。

蕁麻疹やかゆみが出たときは金属なのか、チョコレートなのかそれぞれで確かめた方がいいですね。

[quads id=1]

 

 

対策や予防法はあるの?

正直これといった対策や予防法はありませんが、強いてあげれば次のような点に注意してください。

  • 少し食べて様子を見る
  • そもそも食べない
  • それらしき症状が出たらすぐに病院で診てもらう

まずはチョコレートアレルギーというものがあるのだということを知っておくことが大事になります。知らなければチョコレートを食べてアレルギー症状を起こしても、原因をチョコレートだと気づくこともないでしょうから。

特に小さいお子さんをお持ちの方はすぐにチョコレートを欲しがるようになりますので、万が一チョコレートを食べてこうした症状を訴えたらすぐにチョコレートに疑いを持ちましょう。

そして1年のうちで最もチョコレートが販売される時期にも注意が必要です。

そうですバレンタインデーです。

なんとこの時期にチョコレートアレルギーを発症する人が多くてそうした人たちのことを

「バレンタインデー症候群」と呼んでいます。

バレンタインデーでたくさんチョコレートをもらった人が欲張ってたくさん食べてしまい、それを境に病院通いする羽目になるというものです。もてる人ならではの悩みになりますけどね。

チョコレートアレルギーは食物アレルギーですので、何かしら食べ物でアレルギーの症状が出てる人は気をつけるようにしたほうがいいかもしれません。

余談ではありますが最近は学校給食でも子供のアレルギー物質が多く調理現場も大変なようです。卵や海老・かに・ピーナッツをはじめ、果物のキウイフルーツもアレルギーの子供が多く取り扱いを中止した市もあるようです。

[st-card id=5920 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

 

 

まとめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

チョコレートアレルギーの症状は喉の痛み・下痢・腹痛・嘔吐・頭痛・鼻血・蕁麻疹・痙攣

チョコレートアレルギーの原因は原料のカカオに含まれるチラミンとニッケル

チラミンには血管を収縮させて血圧を上昇させる作用があり、ニッケルは金属なのでかゆみや蕁麻疹などの症状が出やすい

対策や予防はこれといってないがまずはチョコレートアレルギーの存在を知っておくこと

バレンタインデー後に症状を訴える人が多いのでそういう人をバレンタインデー症候群と呼んでいる

[/st-mybox]

おいしいものにも意外な落とし穴があるといった感じを僕は受けました。甘いものの代名詞でもあるチョコレートですがたくさんの人が気にせず食べれるといいですね。

[quads id=1]

コメント