たけのこ 4月の食べ物

たけのこの値段が安くなるのはいつ?値段の要因は?

 

たけのこの値段はいつ買ったら安いんだろう?そんな疑問を持たれたことはないですか?

市場の相場次第なので値段は変動します。

そんな中でも安くなる時期や、需給バランスだけでなくたけのこ何を基準に高くなったり、安くなったりするのかについてまとめまし

た。

スポンサーリンク

 

 

たけのこの値段はいつ安くなる?

 

時期でいうと4月下旬~5月初旬です。

 

たけのこは3月頃から出始めて、徐々に数が増えていきます。

 

収穫量が増える→出回る量が増える→欲しい人みんなに行き渡る→安くなる

収穫量が少ない→出回る量が増えない→欲しい人みんなに行き渡らない→高くなる

 

市場の値段の原理・原則は、「需給と供給のバランス」です。

 

数が少なくて欲しい人が多ければ値段を高くしないと手に入れられないというわけです。

 

ご近所さんや知り合いからたけのこのおすそわけが来るようになった頃も、値段が安くなった時ですよ。

なぜかというとそれだけたくさん収穫されてる印しだからです。

 

もちろん天候に左右される部分は大いにありますので、この時期になったから必ず安くなるというわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

 

たけのこの値段の要因は何?

 

たけのこの値段の要因は

 

出荷の時期 

品質や形状

出荷の時期が最も値段に影響を及ぼす要因となります。

 

その理由としては、市場の原理・原則である需要が多いのに供給が少ない状況にあるからです。

自然に任せてたけのこを作っていれば、他の竹林でも同じ時期に収穫時期を迎えることになります。

 

しかし早期出荷させるためには、日当たりや土作りなどの工夫が必要になるんです。

 

そうしてまだたけのこの出荷量が少ない時に市場に出せれば、あっという間に高値で取引してもらえるというわけです。

 

 

その次にくる要因が品質と形状になります。

 

これは大きすぎず形が整ってるものの方が、値段が高くなります。

また、最も収穫量の多い孟宗竹よりも淡竹の方が値段が高いです。

 

大きすぎないものが好まれるのは、料理屋さんなどよりも一般の人たちが使う量が圧倒的に多いからです。

通常の家庭であまり大きいたけのこは持て余してしまい、無駄になってしまうからなんです。

 

孟宗竹の場合、たけのこの皮が白いシロコの方が皮が黒いクロコより品質が良いので値段が高いです。

 

 

まとめ

 

・たけのこの値段が安いのは4月下旬~5月初旬。

・市場の相場の原理・原則は需給と供給のバランス。

・たけのこの値段の要因は早期出荷が最も値段に反映する。

・一般家庭では大きすぎないたけのこが好まれる。

・孟宗竹より淡竹の方が値段が高い。

 

 

たけのこがどんどん収穫されるようになると、あちこちからおすそ分けをいただくことになり、少し困ってしまいます。

いくらおいしいものでもそんなにたくさんは食べれませんもんね。

同じたけのこでもびっくりするくらい、収穫量によって値段が大きく変わってきます。

できるだけ安くなった時期にたくさん食べてくださいね。

 

メモ

たけのこについて他にも記事がありますのであわせてみてください! → たけのこまとめ記事!

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

-たけのこ, 4月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.