たけのこ 4月の食べ物

たけのこの漢字の成り立ちは?筍と竹の子の違いは?

更新日:

 

たけのこ漢字で書くと「筍」や「竹の子」と書きますね。

「たけのこ」や「タケノコ」とひらがなやカタカナで書くこともあります。

そこで今回はそんな筍という漢字の成り立ちや筍と竹の子の違いについてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

たけのこの漢字の成り立ちは?

 

地上に芽を出して旬日(10日間)で竹になってしまうことから「筍」という漢字になったんで

す。

 

これだけでは何のことか全くわからないと思いますので、詳しく説明しますね。

 

「筍」という漢字は分けると「竹冠(たけかんむり)」「旬(しゅん)」になります。

 

旬(しゅん)には2つの意味があるんです。

1.食べ物などのおいしい時期を意味する旬(しゅん)。

2.時間の単位を意味する旬(じゅん)。

 

ここで大事なのは時間の単位としての旬でして、「旬=10日間」になります。

たけのこはとても成長が早く、10日間で竹になってしまうと言われているんです。

1ケ月は30日あってこれを3つに区切ると、上旬・中旬・下旬と呼びますよね。

ほら見てください。

旬(じゅん)という漢字が使われてますよね。

これに成長して竹になるから「竹冠」が付いて「筍」になったというわけです。

しかしながら通常たけのこを漢字で書くときに筍ではなく、竹の子と書く事が多いのではないでしょうか。こっちの方が字数も少ないのですぐに書けますもんね。

 

※知ってますか?たけのこの旬! → たけのこの旬はいつ?

スポンサーリンク

 

 

筍と竹の子の違いは?

筍と竹の子の違いは使い方です。

それぞれの文字が持つ意味は同じものですので、どういった場合にどちらの文字を使うか?

ということになります。

芽が出て10日以内のもの。

食材として表現する場合。

 

竹の子

芽が出て10日以上たったもの。

植物としての竹を表現する場合。

このような使い分けをされてることが多いようです。

竹の子として表現されてる文章では「竹=伸びまくってる竹」をイメージしてしまいます。

実際竹の子が成長して皮が全部剥がれてしまってになるわけですからね。

 

筆者の見解では、食用として食べることができる期間のものを「筍」、その筍が旬を過ぎて

べれなくなったものが「竹の子」だと考えてます。

筍・竹の子以外にも「笋(たけのこ)」という漢字もあるんです。

この漢字のたけのこには、まずお目にかかることはないと思います。

 

※たけのこと竹の違いってなに? → たけのこが竹になるの?

 

 

漢字はどうやって作られたの?

もともと絵で表していたものが時代の変化と共に漢字という文字に変化していきました。

漢字は約3500年前に中国で作られ今でも使われている世界で最も歴史のある文字なんです。その作り方は姿・形をうまく表現されています。

日本において漢字が使われるようになったのは、4世紀~5世紀にかけてでそれまでは日本には固有の文字はなかったんです。

漢字の語源は我々の身近なものから成り立っていて、言葉の世界を豊かに彩っていて感性を磨く力にもなっています。

中国から伝来した漢字ですが、「働」「峠」「畑」など日本独自の漢字もありこれらは「国字」と呼ばれています。

 

 

まとめ

 

・たけのこの漢字の成り立ちは旬(じゅん)が語源。

・たけのこは10日間で竹になる。

・筍と竹の子の違いは使い方。

・筍は食用の意味で、竹の子は植物としての意味合いで使われる。

・笋という漢字もある。

 

 

漢字て本当によく考えられていますね。語源ががわかるとなるほどとすごく納得できますもん

ね。いつも何気なく使っていますが、意味が分かると使うときにも自信を持って文章の中に入

れれるようになります。

これが絶対正しいというわけではありませんので、もし使い方に迷ったら参考にしてみてくだ

さいね。

 

メモ

たけのこについて他にも記事がありますのであわせてみてください! → たけのこまとめ記事!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-たけのこ, 4月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.