高須院長を批判した女性コメンテーターは誰?【サンモニ2/21】

大村愛知県知事のリコール運動で大量の偽造署名が出た問題が、2021年2月21日放送のサンデーモーニングで取り上げられました。

その中で、高須院長と思われる方を揶揄した表現で批判された女性コメンテータがいたのです。

そこで今回は女性コメンテーターは誰なのかや、コメント内容の全文をまとめてみました。

目次

高須院長を批判した女性コメンテーターは誰?

高須院長と思われる方として番組の中で批判ととれる発言をされてたのは、中央大学教授の目加田説子(めかた もとこ)さんです。

目加田さんの経歴について簡単にご紹介しますと、静岡県生まれで幼少期は父親の仕事の関係でアルゼンチンで過ごされました。

  • 上智大学外国語学部比較文化学科を卒業
  • ジョージアタウン大学大学院で国際政治学の修士号取得
  • 日本国際交流センター勤務
  • フジテレビ報道局報道センター勤務
  • 1992年フジテレビ退社
  • 関西学院大学・東京大学・早稲田大学の講師を務める
  • 2004年から中央大学教授

目加田さんはすごい学歴の持ち主ですね。

とてもおキレイな方ですが発せられる言葉には力強さがあり、大学教授ですから説得力もあるようです。

そうした方の言葉ですから真に受ける視聴者も大勢いるものと思われます。

大村知事リコール運動の署名が偽造されたことは報道を見る限りですと、事実のように思えます。

しかしながらそこに高須院長が直接かかわっていたという事実は報道されていません。

そんな中、紛らわしいコメントをテレビでされるのはやはり適切ではなかったのではないでしょうか。

目加田説子のコメント全文

サンデーモーニングの中で大村知事リコール運動の映像が流れてから、司会の関口宏さんが目加田さんにコメントを求められました。

それから目加田さんが発せられた内容が次の通りです。

あの~リコールというのは、住民による請求で首長の え~止めること 辞めさせることができる大変重い責任を伴う制度なんですね。

ですからこそ、その~そこに住んで税金を納めて ま~問題 え~主体的に参加する人たちのための制度。

そこにお金を持ってるからっていう人がですねズタズタと乗り込んでいって、偽装するということが行われれば、本当にもう民主主義のもう破壊行為だと思うんですよね。

ですからとにかく真相を徹底に解明して、関与した人に責任を取らせるということをやっていただきたいと思います。

高須院長が敏感に反応したのが、赤字にしてある「お金を持ってるからっていう人」の部分です。

こういう言葉を発しなければ何ら問題なかったはずですから、言葉選びにはもっと慎重にされるべきだったと思われます。

高須院長への批判発言に対する世間の声

今回のサンデーモーニングでの目加田さんの発言に対しては次のような世間の声があります。

かなりの大事件なのに、他のワイドショーがあまり取り上げないことの方が不思議。

こういう時の為にCM枠を買い占めてんだろうな。

誰も高須院長だとは言っていないのでは?

金の無い人では多数のバイトを雇って署名の偽造などできないでしょう。

高須院長自身が犯人を捜して欲しいと発言していたのに、過剰反応すること自体がおかしい。

なぜ自分だと思うんだ??金持ちはいくらでも

世の中にいるよ。現に不正に1000万近く費や

した金持ちがいたじゃない。

自分だけが金持ちと思うのは少しうぬぼれだよ。

世間の声の中にはお金持ち=高須院長と勝手に思っているだけじゃないのか。

といった声もありますね。

いずれにしても早い真相解明がおこなわれることを望みます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる