体育会TV(5月15日)野球マスクマンの正体は山崎武司?

2021年5月15日に放送された体育会TVで、マスクマン打者が山田裕貴さんと野球対決されました。

マスクマン打者はがっしりした体形でホームラン王に輝いたこともあるスラッガーです。

マスクマンの正体が誰なのか予想してみました。

目次

体育会TV(5月15日)野球マスクマンの正体は山崎武司?予告動画のヒント

5月15日放送の体育会TVの予告動画で野球マスクマン打者の姿が見れます。

その中でマスクマンスラッガーが誰なのかのヒントが2つ出されていました。

  • 通算本塁打400本超えスラッガー
  • 本塁打王2回

ご覧のようにホームランをたくさん打ってるバッターであることがわかります。

しかも本塁打王にも輝いていることからかなり有名な選手であることは間違いないと思われます。

体育会TV(5月15日)野球マスクマンの正体は山崎武司?画像比較

体育会TVの予告動画にあるマスクマンの画像(左)と山崎武司さんの現役時代の画像(右)を比較してみました。

まず体形ですがポッコリしたお腹の出かたや大柄の体形がとても酷似していますね。

そしてバッターボックスでの構えですがバットのグリップの位置が顔の高さまで上げているところが似ています。

現役時代よりも少しお腹のふくらみが大きくなったようにも感じますが、画像比較を見る限りでも山崎さんではないかと思われます。

山崎武司さんは本塁打王に2回なられていますし、通算本塁打数も403本を記録されてます。

こちらもマスクマン打者のヒントと合致していることがわかります。

これらの理由から5月15日のマスクマンスラッガーは山崎武司さんであると考えられます。

体育会TV(5月15日)野球マスクマンの正体|山崎武司のプロフィール

山崎武司さんは愛知の愛知工業大学名電高校を卒業され、中日ドラゴンズにドラフト2位で指名されました。

高校時代はキャッチャーでしたがなかなか出場機会に恵まれず、途中から外野手に転向することになります。

中日時代にはホームラン王に輝くなどチャンスに強いホームランバッターとして活躍されました。

その後、パリーグのオリックスを経て野村監督率いる楽天へと移籍されました。

野村監督により見事に復活を果たし主軸としてその存在感を示され、パリーグでもホームラン王になられたのです。

27年間のプロ野球生活で歴代20位となる通算403本の本塁打を誇り、両リーグでの本塁打王獲得など輝かしい野球人生を歩まれています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる