スッキリプロデューサーO氏は誰?アイヌ侮辱発言を黙認か?

2021年3月12日放送の日本テレビ「スッキリ」で、アイヌ民族を侮辱する発言があり日テレ会長はじめ多くの関係者が謝罪しました。

しかしながら、番組制作に関わったプロデューサーO氏についての謝罪がないことに世間でおかしいのではないかと物議をかもしています。

そこで、今回はプロデューサーO氏は誰なのかについて調査してみました。

目次

スッキリプロデューサーO氏は誰?

朝の情報番組スッキリ内で起こったアイヌ差別問題は、ダジャレとしてアイヌ民族を扱われていました。

この映像が流れて問題が大きくなったことで、日テレ会長やスッキリMCの3名・そして実際に発言をした脳みそ夫さんの事務所も謝罪されています。

そんな中、番組制作を取り仕切っているスッキリ担当プロデューサーは謝罪をすることなく、更迭されました。

そこで、スッキリのプロデューサーは誰なのか調べてみたところ、次の方の名前がありました。

スッキリプロデュサー

  • 斉山嘉伸
  • 池内千香子
  • 小林英丘
  • 大東徹也
  • 立野千恵子
  • 松本真(直)生
  • 伊達正晃
  • 富永有一(CP)

ごらんのように8名の方の名前が挙がっていました。

この中で一番下にある富永有一さんはCPとなっていますが、これはチーフプロデューサーの事のようです。

つまり、プロデューサーの中の最高責任者になります。

また、プロデューサーO氏の「O」が苗字の読みの同じであれば、該当するのは大東徹也さんとなるかもしれませんね。

ただし、おおひがしさんなのか、だいとうさんなのか、読み方によっては違ってきますが。

スッキリプロデューサーO氏はアイヌ侮辱発言を黙認した?

スッキリは朝の情報番組で生放送なのですが、アイヌ民族を侮辱するダジャレのシーンは事前に収録された者でした。

しかしながら担当プロデューサーO氏は収録されたものを、事前にチェックするのを怠っていたのです。

放送日当日の一般視聴者が番組を見るタイミングで自らも視聴し、問題になるかもとの認識を持ったといわれていました。

そうしたことから職務怠慢であるのは明らかです。

さらにすぐに対応しようとしなかったことが黙認してしまったと取られても仕方ないと思います。

スッキリアイヌ問題で芸人脳みそ夫や事務所も謝罪

問題のシーンを担当していたお笑い芸人の「脳みそ夫」さんは直筆の謝罪文をツイッター掲載されていました。

また、脳みそ夫さんが所属するタイタンの太田光代社長もアイヌ問題に対して、謝罪されています。

脳みそ夫さんはテレビ局側に言われるがままに、仕事をされただけなのにこれだけの大問題になってしまい逆に同情されていました。

スッキリプロデューサO氏に対する世間の声

全国放送の生番組は収録した部分は全て完璧にチェック入れての放送だと思ってた。

こんなお粗末な状態でも放送することがあったんだね。

プロデューサーは自業自得だけど、会社的にももっとチェックの徹底管理をするべきだと思う。

以前、テレビで放送することは絶対正しいもんだと思っていたし、絶対とはいわないまでも、何重にもチェックがかかるもんだと思っていた。

ご覧のように担当プロデューサーの謝罪を求める声が圧倒的に多いことがわかります。

そして問題のシーンが生放送でなく収録だったこともあり、事前チェックを怠ったプロデューサーの責任感の無さに呆れかえっているようでした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる