新玉ねぎのサラダを作る時は生で使うの?水にさらすの?

野菜果物関連

 

新玉ねぎサラダを作るととてもおいしいんですよね。この時新玉ねぎはでそのまま使った方がいいのでしょうか?それとも水にさらすと辛みがなくなるって言われてるからその方がいいのでしょうか?そんな疑問をお持ちの方のためにまとめてみました。

[quads id=1]

 

 

新玉ねぎでサラダを作るとき生?水にさらす?

新玉ねぎをサラダなどに使うときは「生」で使った方が良いです。

 

その理由は折角の新玉ねぎの豊富な栄養が失われてしまうからなんです。

 

新玉ねぎを料理する前に水にさらすという方はきっと玉ねぎの辛みが気になるからだと思います。この辛み成分は「硫化アリル」と言います。硫化アリルやその他の成分は水溶性のため水に溶けやすい性質があるんです。

 

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#919191″ bgcolor=”#fafafa” color=”#000000″ iconsize=”100″]

玉ねぎを切る時に涙が出るのも硫化アリルが原因です。

 

[/st-cmemo]

しかしそれでは辛みはなくなっても栄養面や、シャキシャキとした新玉ねぎならではの歯ごたえもなくなってしまうのでもったいないですよね。

[st-kaiwa1]じゃあどうすればいいの?[/st-kaiwa1] [quads id=1]

 

新玉ねぎの辛みを防ぐには?

 

水にさらさずに新玉ねぎの辛みを防ぐ方法は2つです。

  1. 繊維方向に対して垂直に切る
  2. 空気に触れるようにさらしておく

 

1.繊維方向に対して垂直に切る

新玉ねぎを繊維を断ち切るように切ることで、空気に触れる面積が多くなります。こうすることで辛み成分が抜けていくのでおすすめです。

このように切った新玉ねぎはドレッシングなどもよく絡みやすくなります。

 

参考になる動画がありましたのでご覧ください。

 

 

2.空気に触れるようにさらしておく

スライスした新玉ねぎを重ならないようにして広げて、空気にそのままさらします。時間にして15分くらいそのままにしておけば大丈夫です。

こうすると硫化アリルに酵素が働いて辛みが抜けるだけでなく、逆に栄養効果も上がるといわれています。

[st-cmemo fontawesome=”fa-lightbulb-o” iconcolor=”#FFA726″ bgcolor=”#FFF3E0″ color=”#000000″ iconsize=”100″]常温でさらすようにしましょう![/st-cmemo]

 

[st-midasibox title=”あわせて読みたい” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

新玉ねぎの栄養と効果を教えて!カロリーや糖質はどうなの?

[/st-midasibox]

 

 

まとめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=””]

新玉ねぎのサラダには生で使った方が良い

新玉ねぎは水にさらすと栄養分が抜けてしまう

新玉ねぎの辛みは切り方と空気にさらすことで解消できる

空気にさらすときは常温で置く

[/st-mybox]

もともと新玉ねぎは水分が多いのであまり辛みを感じないと思います。それでも気になる方は今回ご紹介したやり方を試してみてはいかがでしょう。生で食べることでその栄養も旨味も十分に摂ることができますよ。

 

[st-midasibox title=”あわせて読みたい” fontawesome=”fa-file-text-o faa-float animated” bordercolor=”#757575″ color=”” bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

新玉ねぎの旬や栄養、保存方法などについてのまとめ記事!

[/st-midasibox] [quads id=1]

 

コメント