新玉ねぎ 野菜

新玉ねぎの保存方法と保存期間は?

 
新玉ねぎは甘くてみずみずしく生で食べるととてもおいしいんですよね。ただちょっとだけ問題なのは水分が多いゆえに傷みやすいということです。では新玉ねぎの保存にはどんな方法があるのでしょう?また保存期間はどのくらいなのか?これらを知っておくと便利ですよ。
ではご紹介していきます。
スポンサーリンク
 

新玉ねぎの保存方法と保存期間は?

 
新玉ねぎの保存方法は3通りです。
 
  1. 常温保存
  2. 冷蔵保存
  3. 冷凍保存

それぞれの保存方法について詳しくご紹介していきます。

 

1.常温保存

常温保存での保存期間は2週間ほどです。

 

水分が多い新玉ねぎにとっては一番適した保存方法になります。

常温保存のやり方としては

ヒモなどに結んでつりさげる。

新聞紙に1個ずつ包んで保存する。

ストッキングやネットに入れて保存する。

といったやり方があります。いずれの場合も風通しのよい場所で保存することが大事です。

春先は空気がさらっとしているのでいいのですが、梅雨時期は注意が必要です。ちょっと油断するとすぐにカビが生えてしまいます。できるだけ新玉ねぎ同士をくっつけないことも覚えておいてくださいね。

新玉ねぎは柔らかいのでくっつけて保存すると玉ねぎの重みでつぶれてしまい、傷みが早くなってしまいます。

ポイント

常温保存は風通しの良い場所を選ぶ!

スポンサーリンク

 

2.冷蔵保存

冷蔵保存での保存期間は3~4日です。

 

「えっそんなに短いの?」と疑問に思われた方も多いのではないでしょうか。

先ほどもいいましたが新玉ねぎはとても水分を多く含んでいますので、密閉された冷蔵庫の中では水分の逃げ場がなくなってしまうんです。そのため新玉ねぎの痛みが早くなってしまうということになるわけです。

もしそれでも冷蔵庫で保存する場合は、そのままでなく新聞紙など新玉ねぎの水分を吸収してくれるものに包んで保存するようにしてください。

ポイント

冷蔵保存は新聞紙などに包んで保存する!

3.冷凍保存

 

冷凍保存での保存期間は約1ケ月です。
 
冷凍保存する場合はそのまま冷凍してもいいのですが、いざ使おうとしたときに少しだけ問題があるんです。
それは新玉ねぎの特徴である水分によって玉ねぎの実がべちゃべちゃになってしまい、シャキシャキ感もなくなりおいしくなくなってしまいます。
そうならないように冷凍から出してすぐに使えるように、あらかじめスライスしたりみじん切りにしてから冷凍保存すると新玉ねぎのおいしさを損なわずに料理に使うことができるんです。

ポイント

冷凍保存はあらかじめ下ごしらえしてから保存する!

 

まとめ

新玉ねぎの保存方法は「常温」「冷蔵」「冷凍」

保存期間が長いのは冷凍>常温>冷蔵の順である。

常温では風通しのいい場所に、冷蔵では水分を吸収する物で包む、冷凍は下ごしらえしてから。

新玉ねぎはサラダなど生で食べるのが一番おいしいです。そのためには保存方法に気を付けておいしさを損なわないようにしたいですね。いずれにしても早めに使い切ることを心がけてくださいね。
 
スポンサーリンク
 

関連コンテンツ

-新玉ねぎ, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.