節分の由来は何?豆まきはなんでするの?

野菜果物関連

 

日本にある季節ごとの風習や行事ごとは素敵なものが多いですね。

節分もその一つだと思います。

節分と聞いて何を連想しますか?

豆まきだったり、鬼退治だったりするのではないでしょうか。

または立春という方もいらっしゃるかもしれませんね。

この節分にはどんな由来があって、なぜ豆まきをするのかについてまとめました。

[quads id=1]

 

 

節分の由来

 

節分は「季節」を「分ける。」と書きますので、季節を分ける前日のことで、季節の初めにな

るんですね。

 

日本には四季があります。ですから本来、節分は1年に4回(立春・立夏・立秋・立冬)あるん

です。

 

その中でなぜ立春だけが節分として残っているのかというと、昔は立春が1年の始まり、新年

の訪れでもあることから、室町時代以降、特に立春の節分だけが尊ばれ優遇されたんですね。

 

旧暦でいうと、立春が元日ですから節分は大晦日ということになります。

 

 

 

なぜ豆まきをするのでしょう?

季節の分かれ目に入りやすいと言われる邪気を追い払うためです。

 

なかでも年の変わり目である立春の節分は、大晦日にあたるため特に身を清めておきたかった

からなんです。

 

豆まきは中国で行われていた追儺(ついな)という厄や災いを祓い清める儀式に由来していま

す。

 

追儺は鬼の面をかぶった人を弓矢で追い払う儀式です。

 

これが慶雲(けいうん)3年(706年)に文武天皇(もんむ)が宮中で初めて行ったと言われて

います。

 

鬼を追い払う役をしていた人を、方相氏(ほうそうし)と呼んでいました。

 

方相氏はは四つ目のお面をつけて矛とと盾を持ち、大声で大内裏(だいだいり)を駆け回りま

す。

 

ところがその派手ないでたちと異様なお面のため、逆に鬼として追われるようになったんで

す。

 

こうして始まった儀式が豆まき して現在も行われています。

[quads id=1]

 

 

鬼は実在したの?

 

いいえ、鬼は空想上の存在です。

 

鬼=陰

 

との認識があって、暗いところ 潜んでるのがだと位置づけられていました。

 

この暗いところとは心の暗いところ(陰)という意味でもあります。

 

鬼はよく2つの角と虎柄のパンツを履いてるイメージで描かれますよね。

 

これは丑は冬、虎は春を表していて、春の節分は冬から春に移りゆく時の行事ですので、

十二支の順番で丑の次に虎が来ます。

 

鬼は丑と虎の境目に現れると言われていました。

 

つまり鬼は丑と虎を合わせて表現されたものになってるんです。

 

 

まとめ

 

・節分の由来は季節を分ける前日のこと。

・昔は立春が1年の始まりだった。

・豆まきは邪気を払うために行う儀式。

・豆まきは中国の追儺に由来する。

・鬼は丑と虎をイメージしている。

 

 

眼に見えない心の闇をも取り払おうとしたなんて凄いですね。

節分には誰もが豆まきや恵方巻きをイメージするのですが、特に立春の節分は旧新年に

あたる特別な日なんだとわかると、なんとも感慨深いですね。

眼に見えないものも、眼に見えるものも大事にしていきたいですね。

 

※節分について他にも書いた記事があるのであわせてみてください。→ 節分まとめ記事

[quads id=1]

 

コメント