2月の食べ物 節分

節分の柊いわしを飾る意味は?いつまで飾るの?

 

節分飾りの中に柊いわし(ひいらぎ)というものがあります。

この柊いわしとは何なのでしょう?

節分とどんな関係があるのかということと、いつまでどこに飾ればいいのかや処分の仕方につ

いてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

節分の柊いわしてなに?

 

柊いわしは節分に魔除けや厄除けの意味として、玄関先に飾られるものです。

 

地域によって呼び方にも違いがあって、西日本では「焼嗅(やいかがし」や「やっかがし」

「やいくさし」「やきさし」などとも呼ばれています。

 

焼いたいわしの頭に柊の枝を刺したものが柊いわしです。

 

柊いわしは門口に飾って災いを避けるための「門守(かどもり)」ということになります。

 

※節分て何?を詳しく解説 → 節分の由来は何?なぜ豆まきするの?

 

節分に飾る理由は?

 

いわしは焼くと独特の匂いがあり、柊にはがあります。

 

鬼の目を柊の棘(とげ)で刺すことで目が見えない鬼が家に入ってこれない。ことと

さらに焼いたいわしの匂いで鬼の家への侵入を防ぐことが節分に飾られる理由になります。

 

昔、節分は季節の変わり目でそういう時には邪気が流れ込みやすいと言われていました。

 

平安時代にはすでにこの風習があり、その当時は門口(玄関先)に注連縄(しめなわ)にボラ

の頭を柊の枝に刺していたとということが、「土佐日記」から確認できます。

 

一般に広まったのは、江戸時代からだと言われています。

 

※節分の豆まきいつから始まったの? → 節分の豆まき正しいやりかた?

 

スポンサーリンク

 

いつまで飾るの?処分の仕方は?

 

柊いわしを飾るのは節分からですが、いつまで飾るのかは地域によって違ってきます。

 

・節分のみ。

・節分から2月末まで。

・節分から1年間。

・猫にとられるまで。

 

柊いわしを飾る風習は主に関東周辺の地域が多いようです。

 

飾り終えた柊いわしは、そのままゴミ箱に捨てることはやめましょう。

 

処分の仕方としては

・半紙に包んで塩で清めて捨てる。

・神社へ持って行ってどんど焼きで焚き上げてもらう。

・灰になるまで焼いて玄関前に盛る。

・玄関先に埋める。

 

半紙は通常売られているもので構いません。

 

4つの処分方法をお伝えしましたが、近くに神社がなかったり、玄関先に埋めたりできないと

ころが多いと思います。

 

一番やりやすいのは半紙に包んで塩で清めて捨てる方法ですね。

 

邪気の侵入を防いでくれた縁起物ですので、そのお礼を込めて礼を尽くして処分するようにし

てあげましょう。

 

 

まとめ

 

・柊いわしは魔除けのために飾る。

・いわしを焼いた匂いと柊の棘で鬼を寄せ付けない。

・節分に飾るのは季節の変わり目に邪気が入り込みやすいから。

・柊いわしの処分は半紙に包んで塩で清めて捨てるのが一般的。

 

 

節分の邪気を払う風習は豆まきだけだと思っていました。

柊いわしを飾るという風習もあるんですね。

最近は野良猫が多いので、玄関に飾ったらすぐに食べられてしまいそうな気がします。

そうならないような工夫も必要なのでしょうね。

 

※節分について他にも書いた記事があるのであわせてみてください。→ 節分まとめ記事

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

-2月の食べ物, 節分

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.