さつまいも 野菜

さつまいもの種類と特徴は?焼き芋に向く品種は?

 

さつまいもは甘くてお腹にもたまるのでお好きな人が多い野菜の一つです。そんなさつまいもにはどんな種類特徴があるのか?や冬が近づくと恋しくなる焼き芋に適した品種は何なのか?などについてまとまてみました!

スポンサーリンク

 

 

さつまいもの種類や特徴は?

さつまいもは日本で約40種類が栽培されています。

その特徴から大きく3つのタイプに大別することができます。

  • しっとり系
  • ホクホク系
  • ねっとり系

しっとり系

紅はるか

糖度も高く見た目も整っておりますのでとてもおいしいさつまいもです。果肉は黄白色でやや粉質ですが、加熱するとしっとりとした食感になりあの安納芋と比較されるほど焼いた時の甘さには定評があります。

 

紅天使(べにてんし)

別名を紅はるかとも言います。茨城県のさつまいも専門卸問屋である「株式会社ポテトかいつか」さんが販売している紅はるかのブランド商標になってるのが紅天使というわけです。

おいしいさつまいもによく見られるヤラピン(さつまいもの表面に表れる黒いかたまり)が多くみられるのが特徴です。

 

クイックスイート

肉色が黄白色をしていて外見は紅あずまとさほど変わりがありません。切ると外側の方に白い乳液がしみだしてきます。他のさつまいもに比べて優れているのは電子レンジで加熱するだけで甘い焼き芋に仕上がることです。

甘みはそれほど強くありませんがほっこりした食感が楽しめます。

 

あいこまち

あいこまちは紅あずま並に食味が優れていて調理後に黒く変色することもありません。糖度が高いので菓子などの加工用としても多く使用されています。

 

紅まさり

いもの形は紡錘形で大きさはさつまいもの中では中くらいです。またさつまいもの表面にできやすい条溝(縦に走る溝)ができにくく形の良いものが多いのも特徴です。

 

ひめあやか

ひめあやかは他の種類のいもの6割ほどの200g以下くらいの大きさしかないものが多いため、収穫量も少ないのが特徴です。肉質はやや粘質で加熱調理すると黄色くなります。

スポンサーリンク

 

ホクホク系

高系14号

果皮の色は赤みが強くやや厚みがあります。肥大性にすぐれていますので大きなものも多くさらには貯蔵性も高い芋ですので、加工用としての需要もあるんです。

果肉は生の状態ではクリーム色で粉質ですが焼くと黄色くホクホクした芋に仕上がります。

 

鳴門金時(なるときんとき)

鳴門金時は徳島県の特産で高系14号をもとに品種改良されたものです。名前の通り徳島県内の指定地域で生産されたものしかこの名前で販売することができなくなっています。

 

宮崎紅(みやざきべに)

表面の鮮やかな赤紫色の皮と果肉がきれいなクリーム色をしているのが特徴です。焼いたりするなどの加熱によって糖度も高くなりおいしい芋へと変化していきます。

表面に薄い白っぽい筋が多くみられるのも宮崎紅の特徴です。

 

紅さつま

紅さつまは宮崎紅や大栄愛娘などと同じように高系14号から選抜された地方品種で、おもに鹿児島県で作られています。こうした地方品種はその土地の風土に合ったものに改良されていますので、他の地域で栽培しても同じようにおいしい芋にはならないことが多いです。

 

土佐紅(とさべに)

土佐紅は高系14号から選抜されたものでその形状については高系14号をそのまま受け継いでいます。通常のさつまいもに比べて収穫時期がとても早く、5月下旬~7月中旬であることも土佐紅の特徴になります。

土佐紅は新芋としてほとんど貯蔵されずに出荷されますので甘さは控えめになっています。

 

五郎島金時(ごろうじまきんとき)

主な産地は金沢市の五郎島地区や粟ヶ崎地区や内灘砂丘などとなっています。もともとの品種は高系14号で整った形と紅色の外観をしていて繊維質が少なく甘味が強い肉質が特徴です。

 

大栄愛娘(だいえいまなむすめ)

千葉県成田市のJAかとり「かんしょ育成研究会」がたの地域ブランドさつまいもと同じように高系14号から品種改良されたもので、成田市の大栄地区のブランドさつまいもとして栽培されています。

完全堆肥と米ぬかを中心とした土づくりにこだわり農薬や化学肥料を極力使わないなどの厳しい基準をクリアした生産者だけで栽培に取り組まれています。

 

紅あずま

紅あずまは茨城県や千葉県など主に関東で多く作られていますので、関東では根強い人気を誇っています。果肉が黄色く粉質で繊維質が少なく焼いたり蒸したりして食べるとホクホクとネットリの中間の食感が楽しめます。

貯蔵性があまり良くないので旬を過ぎるとあまり出回らなくなります。

スポンサーリンク

 

ねっとり系

安納芋(あんのういも)

1988年に種子島で作られた品種になります。ねっとり系のさつまいもといったら安納芋といわれるほど有名なんです。糖度も高くて生の状態で16度、焼くことによって40度前後にまでなることもあるんです。

水分が多く粘質で果肉はオレンジ色に近い黄色をしています。

 

シルクスイート

濃い紅色の皮で中がクリーム色のしています。収穫してすぐは粉質でホクホクした感じに焼きあがりますが貯蔵することで粘質のいもへと変わり甘くなっていきます。

名前の通り絹のようにしっとりした滑らかなさつまいもですので焼き芋にするととてもおいしくなります。

 

 

焼き芋に向く品種は?

しっとり系ですと紅まさり、ホクホク系ですと紅あずまで、そしてねっとり系はシルクスイートです。

これはあくまでも個人的な感想ですので実際に食べてみたけどそうでもなかった。ということもあると思います。ホクホク系は喉の通りがスムーズにいかないのでちょっと苦手!という方もいらっしゃるかと思います。

というか僕がそうなのでどちらかというとしっとり系のさつまいもの方が好きなんです。

焼き芋といったらストーブでアルミ箔に包んださつまいもを焼くイメージですが、電子レンジを使うともっと簡単に短時間で焼き芋が作れるんです。

手順はいたって簡単です。

さつまいもを洗う

新聞紙に包む

電子レンジで加熱する

参考になる動画(1分2秒)がありましたのでご覧になってみてください。

 

 

まとめ

さつまいもの種類にはしっとり系・ホクホク系・ねっとり系がある

さつまいもは全国で約40種類が作られている

高系14号から派生した品種が多い

焼き芋に向いてる品種はしっとり系は紅まさり・ホクホク系は紅あずま・ねっとり系はシルクスイート

焼き芋は電子レンジで簡単にできる

さつまいもの種類はかなり細かく分かれていて品種もほんとに多いんですね。地域のブランドとして作られているものもあり町おこしの一環にもなっています。これからさつまいもを買うときには意識して品種にも注意してみてくださいね。今回の記事が参考になればうれしいです。

さつまいもの種類や栄養、保存方法がわかるまとめ記事!

  さつまいもはとても甘くておいしい秋の味覚ですが身近に存在しているがゆえに知らないこともたくさんありますね。そんなさつまいもの種類や栄養、保存方法などいろいろなことがわかるまとめ記事をつく ...

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-さつまいも, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.