里芋 野菜

里芋の中が赤い!これは一体何?

里芋の皮をむいて中が赤くなってる部分があったり、

赤いスジが入ったりしてるのを初めて見たとき 

「えっこれ何?」

て思いますよね。

里芋といったら中は白いものが多いし、一部だけが

色が違ってたらなおさら不思議ですよね。

そんな疑問を解決していきますね。

スポンサーリンク

 

里芋の中が赤い理由

それは「酸化」です。

なぜ酸化すると赤くなったり、ピンク色になったりするのでしょう?

里芋の中に含まれているポリフェノールの一種であるアントシアニンが酸化し、変化することによって赤くなったり、ピンク色になったりするんです。

 

アントシアニンといったらブルーベリーを想像される方が多いのではないでしょうか?

目に良いと言われている栄養素なのでもちろん体に害はありません。

 

しかし里芋の中が赤くなってるのは収穫後日にちが経ってるために、

そうなることが多いです。

 

それか里芋は寒さに弱い野菜なので、冷蔵庫や寒い場所での保管によって赤くなることもあり

ます。

里芋にはセレベスという品種がありこれは芽の部分が赤いのが特徴なので里芋の中が赤くなってるのとは違いますので勘違いしないようにしてくださいね。

里芋の中が赤くなってる理由は収穫後時間の経過により品質の劣化または、低温障害によるもの。

※実はスゴイ里芋の栄養 → 里芋の栄養は何がスゴイ?

 

 

赤い里芋は食べれるのか?

では赤くなってる里芋は食べても大丈夫なの?

 

そう思われるかもしれませんが、食べてももちろん問題はありません。

 

ですが、里芋の赤い部分は固かったりえぐみがあったりして、煮えにくく

なりますので食味は落ちます。

ですので、気になる方は取り除いて調理したほうがいいです。

 

また、赤い部分が柔らかくなっていたら傷んでいる証拠なので食べない方が良いです。

スポンサーリンク

 

 

赤くなってる里芋の見分け方

里芋の中が赤くなってるかどうか見分ける方法があるのか?

気になるところだと思います。

 

外見だけを見て判断するのは難しいです。

できないと思います。

 

手で触ってみれるのであれば、表面が柔らかくなっているようなら

中が赤くなってる可能性が高いです。

 

買ってきたあとであれば保存に気をつけて、冷蔵庫に入れず10度~20度

くらいの常温で保存してれば大丈夫です。

それでもあまり長くおいて置かずに早目に使い切るようにしましょう。

 

※長持ちする里芋の保存法 → 里芋の収穫時期と保存法

 

緑に変色した里芋

里芋が赤やピンク色でなく緑色に変色したものがあります。

 

これは日光に当たって緑色に変わっているんです。

 

収穫前の里芋が土の表面に出ていて日光に当たった場合や

収穫後や買ってきてから日に当たる場所で保管した場合

 

緑色に変色します。

 

こうなった里芋は食べないほうがいいです。

美味しくありません。

 

 

黒っぽい、茶色に変色した里芋

黒や茶色に変色しているのは里芋の長期保存による栄養障害によるものです。それでも食べることはできますが硬くてエグ味も強くなってきますので、おいしくありません。

黒や茶色くなっていた時はその部分を切り落として取り除いてから調理した方がいいです。

 

 

まとめ

 

・里芋の中が赤くなってるのは、アントシアニンの酸化によるもの。

・里芋の中が赤くなっていても食べれる。

・赤くなってる里芋の見分け方は視覚では無理、手で触って柔らかさを

 感じたら赤くなってる可能性が高い。

・里芋を買ってきて保存するときは冷蔵庫を避け、光に当てないように

 常温(10度~20度)で保存。

 

里芋はモチモチしてとても美味しいので僕は好きです。

自分が経験してきた知識にないものは、どうしても不安がよぎります。

今まで見たことのないものもそうです。

知ってるか 知らないかでは大きな違いが生まれますよね。

何かしらこの記事がお役に立てたら嬉しいです。

 

里芋に関して他にも書いた記事があるので合わせてみてください。→ 里芋まとめ記事

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-里芋, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.