里芋 野菜

里芋でかゆいのはなぜ?対策は?

更新日:

 

里芋はとてもおいしく、その食感ももちもちしていて独特ですよね。
でもその里芋で手がかゆくなってしまう人もいます。
これは何が原因なのでしょう? またかゆくなった時どうすればよいのでしょう?
里芋でかゆくなる原因と対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

里芋で起こるかゆみの原因

里芋で起こるかゆみの原因は、里芋に含まれる「シュウ酸カルシウム」です。

このシュウ酸カルシウムの結晶は針状にとがっていて、それが皮膚の表面に刺さることでかゆみを誘発させているんです。シュウ酸カルシウムは目には見えません。

手や口回りなど皮膚のやわらかい部分に刺さりやすいです。
刺さった部分は赤くなって、少し腫れたようになりかゆくなります。

シュウ酸カルシウムは山芋やホウレン草・キウイフルーツなどにも含まれています。

※実はスゴイ里芋の栄養 → 里芋の栄養は何がスゴイのか?

里芋で手がかゆい!その対策は?

シュウ酸カルシウムによるかゆみを抑える方法としては、酸・熱・乾燥に弱いという性質を利用することで対処できます。

里芋を触ってかゆくなった時の対処法と、里芋を触る前にできる対処法があります。

 

ではそれぞれについてみてみましょう。

手がかゆくなった時の対処法

 

●酢で洗う
●塩で洗う
●レモン汁で洗う
●洗剤で洗う

いずれもシュウ酸カルシウムが酸に弱いという性質を利用した対処法になります。

 

くれぐれも注意していただきたいのは、かゆいところをかかないようにしてください。
シュウ酸カルシウムのとがった結晶が皮膚の内部に入り込んでしまいますので、かゆみが治まるまでに時間がかかってしまいます。

スポンサーリンク

里芋を触る前の対処法

 

●里芋を乾燥させてから皮をむく
●手袋をはめて皮をむく
●酢水に手を浸してから皮をむく
●加熱してから皮をむく
●冷凍してから皮をむく

 

酢水に手をつけるというのは、手がかゆくなってからの対処法でもありました。
つまりかゆくなる前でもできるやり方なんですね。

加熱するやり方は、シュウ酸カルシウムが熱に弱いという性質を利用したものです。
水を張った鍋に里芋を入れて火にかけ、沸騰してから2~3分茹でます。

その後、水をかけて冷ましてから皮をむきます。

里芋を冷凍させてから皮をむく方法だとかゆみが伝わりにくく、水をかけて解凍するのでぬめりが取れてかゆくなりにくくなります。

※気になる里芋の旬は → 里芋の旬はいつ?

 

まとめ

 

・里芋でかゆくなるのはシュウ酸カルシウムが原因
・シュウ酸カルシウムは酸・熱・乾燥に弱い
・かゆくなったときは、酢水や塩・せっけんで手を洗う
・触る前の対処法は、里芋を加熱や冷凍させてから皮をむく
・かゆみ対処=かゆみ予防にもなる

 

里芋で手がかゆくなる人もいれば、そうならない人もいます。かゆくなる人にとってはとても不快なことだと思います。

僕の息子は、やまいもを食べると口の周りが赤くなってかゆくなっていました。
幸い成長するにしたがって何ともなくなったみたいでした。

健康に感謝して過ごしていきたいですね。

 

里芋に関して他にも書いた記事があるので合わせてみてください。→ 里芋まとめ記事

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-里芋, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.