里芋の栄養は何がスゴイのか?

野菜果物関連

 

さつまいもややまいもの陰に隠れて、少しおとなしい里芋ですが、

どうしてどうして

栄養成分では、彼らに負けない素晴らしいものを備えているんです。
しかも体にもとても良い影響を与えてくれるんです。

 

今日からあなたも里芋のとりこになっちゃうかもしれませんね。

[quads id=1]

里芋のスゴイ栄養は?

ガラクタン

炭水化物とタンパク質でできている多糖類の総称がガラクタンです。
このガラクタンによる効能は3つです。

 

1.コレステロールを下げる
2.高血圧予防
3.肥満予防

 

 

1.コレステロールを下げる

 

血液中のコレステロールはなくてはならない成分です。
しかしながら不足するのはもちろん、摂り過ぎるととんでもない病気の原因になってしまいます。

心筋梗塞動脈硬化脳梗塞いづれも怖いものばかりです。
コレステロールは加齢とともに血管壁に溜まっていきます。

そのコレステロールの付着を防いでくれるのが、ガラクタンです。結果的にコレステロールを下げる働きが期待できるというわけです。

実は僕もコレステロール高めなんです。

 

 

2.高血圧予防

 

高血圧というと年齢を重ねていくうちに、切っても切れない仲になっていくものです。
僕の周りでも降圧剤を飲まれてる人はかなり多いです。

塩分を控えめにした食事をとることももちろん大事です。
同時に血圧を安定させてくれる食材を摂ることも必要です。

里芋はその役目を果たしてくれますので、積極的に料理に使ってください。

 

 

3.肥満予防

 

体の余分な脂肪がたまると肥満になってしまいます。もちろん消化吸収の能力を超えて食べ過ぎてしまうと、問題です。

その点、里芋は低カロリーな野菜です。しかも脂肪として吸収されることがなく、そのまま体外に排出されるんです。

それはガラクタンを分解できる酵素が人体に備わっていないからなんです。

ですのでいくら食べても安心です。

 

※旬の里芋はおいしく栄養満点 → 里芋の旬はいつ?カロリーは高い?低い?

リグナン

 

女性ホルモンを活発化させることが、アンチエイジングにつながります。
それの役目をしてくれるつまり、
体内を酸化させないのがリグナンです。

 

体が酸性に傾くと、様々な老化の原因になります。
しわやシミ・ソバカスなど女性にとっては、とても好ましくないものばかりが噴出してくるんです。

女性には嬉しい成分ですね。

 

その他の栄養成分

カリウム

濃い味付けや調味料の使い過ぎによる塩分の過剰摂取は、高血圧をはじめ様々な成人病の原因となります。

 

里芋に含まれているカリウムは、この体内の余分な塩分を体外に排出してくれる栄養素です。

 

カリウムが不足すると体内のナトリウムが過剰となり、高血圧やむくみの原因になります。

カリウムの摂り過ぎは、筋力低下や不整脈・頻脈の原因になります。

食物繊維

里芋には食物繊維がわりと多く含まれています。
食物繊維は体内で消化・吸収されず、腸を通って排出されます。

食物繊維には腸内環境を整え、便通を良くする働きがあります。
摂り過ぎると逆に便秘を悪化させる恐れがあるので、注意しましょう。

[quads id=1]

炭水化物

炭水化物は体を動かすため、また脳にとって唯一の栄養素です。

不足すると脳に栄養が行かなくなり、集中力の低下につながります。

逆に摂り過ぎると脂肪になって体に蓄えられてしまうので、太ってしまいます

 

まとめ

 

・里芋のスゴイ栄養は「ガラクタン」
・ガラクタンはコレステロール低下・高血圧予防・肥満予防などの
 生活習慣病の予防・改善につながる

・カリウムは筋肉の収縮を正常に保つ
・食物繊維で腸が元気
・炭水化物は摂り過ぎても不足しても良くない

 

小さいながらもその栄養は計り知れない「里芋」

僕らは毎日何気なく、食卓に並んだ料理を食べていますが、その料理に使われている食材にはとてつもないパワーが秘められています。

寒くなる冬の定番料理に欠かせない里芋ですが、僕らの体にも欠かせませんね。

 

里芋に関して他にも書いた記事があるので合わせてみてください。→ 里芋まとめ記事
[quads id=1]

コメント