さくらんぼ 果物

さくらんぼの種を植えると芽が出るの?毒があるって本当?

 

さくらんぼを食べ終わった後、が残りますよね。この種を庭に埋めたらそこから芽が出て自家製のさくらんぼになるんじゃないだろうか?と思ったことないですか?そうなると嬉しいですね。また、さくらんぼの種にはがあるとも言われていますが実際のところどうなのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

さくらんぼの種を植えると芽が出るの?

さくらんぼの種を庭に植えると芽が出ることもあります。

ただし、その確率は限りなく低いんです。さくらんぼはとても発芽しにくい性質があり、仮に発芽したとしても1年とかでなく2~4年後などと長い期間を要します。

それでも種を植えてみたいという方にできるだけ発芽しやすくするためのポイントをご紹介します。

 

発芽率を上げる方法

  • 水に入れて種を選別
  • 低温湿層処理
  • 殻を割って発芽を助ける

 

水に入れて種を選別

まずは食べ終わった種にはまだ実が残っていて表面がヌルついていますので、きれいに水で洗い流します。

どんな種でもいいわけでなく良い種を選別する必要がありますから、それを判断するには水に入れてみるとわかるんです。

水の入ったコップの中にさくらんぼの種を入れます。そのまま1日放置しておくと水に浮いてる種と沈んでいる種に分かれています。良い種は沈んでいる種ですので、その種を使うようにします。

 

低温湿層処理

さくらんぼは寒い冬を越して育つものですので、この冬の状態を種に覚えさせる必要があるんです。

この作業を低温湿層処理といって5℃以下の湿り気のある土の中で約3ケ月ほど保存します。低温に保つだけでなく適度な湿度を保たなければいけませんので、注意が必要になります。

冷蔵庫では温度が高すぎるのと土がありませんので、難しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

殻を割って発芽を助ける

さくらんぼの殻はとても硬いので発芽の妨げになる場合があります。そのため一度埋めた種を2月頃に掘り出して殻を割ってあげると発芽しやすくなりますので、覚えておかれるといいですよ。

 

もちろんこれだけの方法を試したからといって必ず発芽するとはいえません。それでもそのまま種を植えるよりは発芽確率はグッと上がるはずです。

あわせて読みたい

さくらんぼの育て方って難しいの? → さくらんぼの育て方で大事なのは何?

 

毒があるって本当?

さくらんぼの種には毒が含まれています。

アミグダリンという有毒成分がさくらんぼの種には微量ですが含まれているんです。ただこれは消化器官で分解されると青酸させるものですので、たまたま2~3個ほど飲み込んだとしても問題はありません。

まずないとは思いますが噛み砕いたり、すりつぶして体内に入れると問題ですけど・・・

ただし動物には食べさせないようにすることが大事です。人間に比べて微量の毒でも敏感に反応してしまいますので嘔吐や痙攣を引き起こす恐れがあります。

さくらんぼ以外でも種にアミグダリンが含まれている果物があります。

  • りんご
  • なし
  • もも
  • すもも
  • あんず

あまり深刻になる必要はありませんが、これからこれらの果物を食べる時はちょっとだけ注意してくださいね。

 

 

さくらんぼ種飛ばし大会

さくらんぼの産地である山形県寒河江市では特産のさくらんぼの種を飛ばす大会が毎年開催されています。

参加者は毎回県内外から2,000人ほどが集まり、種を飛ばしているんです。

やり方は簡単で、口に含んださくらんぼの種をおもいっきり遠くへ飛ばすだけなんです。ちなみに最長記録は2005年にブライアン・クラウスさんが記録した28.51mということですので、日本人に頑張ってほしいですね。

 

まとめ

さくらんぼの種は発芽しにくい

さくらんぼの種を発芽しやすくするには、良い種の選別・低温湿層処理・殻を割ることがポイント

さくらんぼの種には毒がある

さくらんぼの種飛ばし大会がある

果物の種って埋めてたら自然に芽が出て生えてきそうな気がしますけど、そんなに簡単ではないんですね。さくらんぼの種に毒があるとはとても驚きでした。でもさくらんぼ自体はおいしい果物ですのであまり種のことは気にせず食べるようにしましょう。それが悩みの種にになってもいけませんから。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-さくらんぼ, 果物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.