さくらんぼ 果物

さくらんぼの保存方法は?日持ちをさせるポイントは?

 

さくらんぼはおいしく食べれるのが収穫してから数日と言われており、そのため食べきれなかった時にどうしよう?と迷ったことはありませんか?簡単に冷蔵庫に入れるだけではよくない場合があるんです。そこで今回はさくらんぼの保存方法と日持ちさせるポイントについてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

さくらんぼの保存方法は?

さくらんぼを保存するには次の3つの方法があります。

  • 常温保存
  • 冷蔵保存
  • 冷凍保存

 

常温保存

常温で保存する場合はザルなどの通気性の良い入れ物に移してその上に濡れたふきんをかぶせておきます。置く場所は冷暗所で室温が10℃以下のところを選ぶようにしましょう。

常温での保存期間は長くても1日間が限度です。さくらんぼは収穫してから時間の経過とともに味が落ちていきますので、できるだけ早めに食べることをおすすめします。

 

冷蔵保存

さくらんぼがパックに入っている場合そのまま冷蔵庫に入れるのはよくありません。パックのすき間から冷気がさくらんぼに当たったりパックが結露したりすることでさくらんぼの劣化を早めてしまうからです。

パックから出して新聞紙やキッチンペーパーなどに包んで直接冷気が当たらないようにして保存するようにしましょう。

さくらんぼは急激な温度変化や寒さに弱い性質がありますので、野菜室での保存が有効です。

冷蔵保存の場合の保存期間は2~3日です。

洗わずにそのまま新聞紙やキッチンぺーパーに包んでください。洗うと実割れの原因になります。

スポンサーリンク

 

冷凍保存

冷凍保存する場合はしっかり水気を取ってからフリーザーバックに入れて冷凍室で保存します。

冷凍保存したさくらんぼを食べる場合は生の状態のものとは全く違うものになりますので、その覚悟をもって冷凍するようにしてください。さくらんぼの特徴である柔らかく甘味のある食感ではなくシャーベットのようなシャリシャリした食感になります。

冷凍保存した時はそのくらいの状態で食べた方がおいしく食べられるんです。完全に解凍してしまったら柔らかすぎるのと水っぽくなっていしまいますので、全然おいしくないからです。

冷凍保存の場合の保存期間は約1ケ月です。

ちょっと変わった冷凍保存

さくらんぼをタッパに入れてそこにカルピスの原液を入れて冷凍すると、さくらんぼだけが凍ってカルピスは凍りませんので食べる時も簡単に取り出せます。

 

日持ちさせるためのポイント

日持ちさせるために気を付けることは

ポイント

温度管理

乾燥させない

さくらんぼはとても繊細でデリケートな果物ですので、急激な温度変化や冷やし過ぎると途端に劣化が進んでしまいます。もしクール便で送ってきたものは冷蔵保存がベストです。

またさくらんぼは乾燥にも弱いので温度管理同様、注意が必要です。冷蔵庫での保存でも油断するとすぐにカビが発生してしまうことがありますので、こまめにチェックすることを忘れないようにしましょう。

 

さくらんぼの傷み具合の判断

さくらんぼの季節になると贈り物としていただかれることもあると思いますが、そうしたときすぐに食べてしまえば問題ありませんが、しばらくおいておいたりするといざ食べようとしたときこれって食べられるのかな?と疑問に思うときもあるかもしれません。

そんな時は次の点を確認してください。

  • カビが生えていないか?
  • 異臭がしないか?
  • 汁が出ていないか?
  • 果肉がぶよぶよしていないか?

上記の確認をしてちょっとでも怪しいと思った時は食べるのをやめた方が無難です。

 

 

まとめ

さくらんぼの保存方法は常温・冷蔵・冷凍

一番おいしく食べれるのは常温保存

冷凍すると生の状態とは違う味覚になる

冷蔵・冷凍保存するときは洗わずにそのまま

さくらんぼを日持ちさせるポイントは温度と乾燥

今回はさくらんぼの保存方法について説明しましたが、一番良いのは保存せずに食べきることです。もちろんやむを得ず保存する場合は参考にしてください。さんざん説明しておいて申し訳ないのですが、野菜や果物は採れたての新鮮なうちに食べるのが一番おいしいです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-さくらんぼ, 果物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.