佐川宣寿(のぶひさ)の現在は?家族や息子は?経歴や天下り先はどうなってる?

森友学園と文書改ざん

学校法人「森友学園」をめぐる文書改ざん事件で、2年前に自殺した赤木俊夫さん(当時54才)の妻が文書改ざんは、当時、財務局理財局局長の佐川宣寿(のぶひさ)の指示だったと告発しました。

これにより再び注目を浴びることになった佐川のぶひさについて、家族や息子、経歴や天下り先について迫ってみました。

 

佐川のぶひさの家族や息子は?

佐川宣寿の家族や息子はいるのでしょうか。そんな疑問を抱いてる方もいらっしゃいました。

62才という年齢的にも妻や息子など、家族がいてもおかしくないと思いますが、一般人ということもあり情報が公開されていません。

わかり次第お伝えしていきます。

美並義人(みなみよしと)の家族や嫁はいるの?経歴や学歴についても!

森友問題と文書改ざんについてわかりやすく!関与した人物についても!

赤木俊夫さんの妻はどんな人?遺書を公開した理由がヤバイ!森友改ざんで国と佐川を提訴!

 

佐川宣寿のプロフィール

名前:佐川宣寿(さがわ のぶひさ)

年齢:62才

出身地:福島県平市(現在のいわき市)

生年月日:1957年11月6日

父親は中学3年時に亡くなっており、兄が3人

赤木俊夫さんの妻はどんな人?遺書を公開した理由がヤバイ!森友改ざんで国と佐川を提訴!

 

佐川宣寿の学歴

  • 1970年3月 平市立第一小学校卒業
  • 1973年3月 平市立第一中学校卒業
  • 1976年3月 都立九段高校卒業
  • 1982年3月 東京大学経済学部卒業

中学3年時に父親が他界してから東京に移り住み、その時の学費は3人の兄が負担してくれたそうです。

九段高校は都立ながら中高一貫校であったため、学費が比較的安いようです。偏差値は65で中堅の進学校。

有名大学はもちろん海外の大学へ進学する生徒が多いという特徴があります。

そして最終学歴は東大。

官僚になる方はやはり優秀な学力の持ち主が多いんですね。

美並義人(みなみよしと)の家族や嫁はいるの?経歴や学歴についても!

森友問題と文書改ざんについてわかりやすく!関与した人物についても!

 

佐川宣寿の経歴

  • 1982年4月 : 大蔵省入省(主計局総務課)
  • 1987年7月 : 高山税務署長
  • 1988年7月 : 銀行局総務課課長補佐
  • 1990年6月 : 日本貿易振興会コペンハーゲン事務所長
  • 1993年7月 : 主計局調査課課長補佐
  • 1994年7月 : 主計局主計官補佐(通産第一、二係主査)
  • 1996年7月 : 銀行局中小金融課課長補佐
  • 1997年6月 : 銀行局総務課課長補佐
  • 1998年7月 : 近畿財務局理財部長
  • 1999年7月 : 大臣官房文書課広報室長
  • 2000年7月 : 大臣官房秘書課首席監察官兼大臣官房秘書課人事企画室長
  • 2001年4月 : 財務大臣秘書官事務取扱
  • 2003年9月 : 主計局調査課長
  • 2004年7月 : 主計局主計官(外務、経済協力、経済産業係担当)
  • 2005年7月 : 主税局税制第三課長
  • 2006年7月 : 主税局税制第二課長
  • 2008年7月 : 主税局総務課長
  • 2013年6月 : 大阪国税局長
  • 2014年7月 : 国税庁次長
  • 2015年7月 : 関税局長
  • 2016年6月 : 理財局長
  • 2017年7月 : 国税庁長官
  • 2018年3月 : 辞職

引用:wikiぺディア

美並義人(みなみよしと)の家族や嫁はいるの?経歴や学歴についても!

森友問題と文書改ざんについてわかりやすく!関与した人物についても!

赤木俊夫さんの妻はどんな人?遺書を公開した理由がヤバイ!森友改ざんで国と佐川を提訴!

 

佐川宣寿の現在や天下り先は?

https://twitter.com/taiwankikajin/status/973421196460023808

佐川さんは2016年に財務省を辞職したにもかかわらず、その後2017年には国税庁長官に就任しました。

国税長長官に就任すると記者会見を行うのが慣例でしたが、佐川さんは会見を行わなずその理由のコメントもありませんでした。

麻生氏は会見で佐川氏を国税庁長官に任命したことについて「適材だった」と強調。自身の進退を問われると「考えているわけではない」と答えた。安倍晋三首相も佐川氏の国税庁長官起用に関して過去に「適材適所の考え方に基づいた」と述べていた。

引用:日経新聞

佐川さんの国税庁長官就任は安倍首相を守ったことに対する「功績」であったといわれています。

佐川さんが国税庁長官を辞任した後、現在はどこに天下りしたのか残念ながらわかっていません。

ちなみに過去の財務官僚の天下り先は以下のようになっています。

迫田英典(57才) 三井不動産・TMI総合法律事務所

田中一穂(60才) 東京海上日動・日本政策金融公庫

山崎達雄(57才) SBIリクイディティ・三菱商事・みずほ銀行

門真大吉(58才) 日本生命

道盛大志郎(58才) 大和証券グループ本社・大和ネクスト銀行

真砂靖(59才) 日本テレビ・三井不動産

細溝清史(59才) 三井物産・セーレン・川崎汽船

宮内豊(58才) 双日・PwC税理士法人

稲垣光隆(56才) 商工組合中央金庫

池田篤彦(58才) あいおいニッセイ同和損保

小椋洋一(60才) 住友商事

平田めぐみ(59才) 京セラ

西垣修一(59才) IHI

 

佐川宣寿のパワハラは有名だった

赤木俊夫さんの手記には佐川宣寿について次のようにしたためられていた。

 

「パワハラで有名な佐川さんの指示には誰も背けないのです。」

 

そのパワハラ要因の一つには佐川氏の153cmという低い身長が遭ったのではないだろうか。

身長が低いことにかなりの劣等感を持っていた。

そう考えることもできる。プライドが高いエリートがゆえ、他人より劣っていることが許せず、それを隠すために虚勢を張っていたと思えます。

たとえ自分が間違っていたとしても絶対にそれを認めない。それが佐川宣寿とう人物であったのでしょう。

コメント