レタス 野菜

レタスの種類と名前や特徴は?

 

サラダといったらレタスとすぐに思いつくほど生で食べる野菜としては定番となっていますね。一口にレタスと言ってもその種類はいったいどれだけあるんでしょう?また知らない名前のレタスもあるかもしれません。そこで今回レタスの種類と名前や特徴についてまとめました。

スポンサーリンク

 

レタスの種類と名前や特徴は?

 

レタスの種類は大きく分けると4種類です。

 

ヘッディングレタス(和名:玉チシャ)
リーフレタス(和名:葉チシャ)
立ちレタス(和名:立ちチシャ)
カッティングレタス(和名:掻きチシャ)

 

ヘッディングレタス

 

 

通常レタスといったらこのヘッディングレタスのことです。

キャベツのように葉が丸まって球状になるのが特徴で、他のレタスに比べて最も生産量が多くレタスの代表的な存在ですね。

 

ハンバーガーに使われているのもこの玉チシャなんです。パリパリした食感が魅力なんですがその食感から「クリスプヘッドレタス」とも言われているんです。

 

チシャというのはレタスの和名で「乳草」→「「ちさ」→「チシャ」となりました。

 

 

リーフレタス

リーフレタスはヘッディングレタスのように結球しないで、葉先が縮れてカールしてるのが特徴です。

 

サニーレタスやグリーンリーフがこの仲間になります。

スポンサーリンク

 

立ちレタス

 

ヘッディングレタスとリーフレタスの中間くらいの形と食感の良さが特徴です。

 

さしずめ「小さな白菜」といった感じでもあります。甘味と苦みのバランスがとれていて、シーザーサラダによく使われるレタスでロメインレタスは立ちレタスの仲間です。

 

コスレタスという別名を持っており、これはエーゲ海にあるコス島で栽培されていたことに由来しています。

 

カッティングレタス

 

丸くなくごわごわとした外見と丸ごと収穫しないのが特徴です。

 

サンチュがこのカッティングレタスの仲間になるのですが、食べる分だけ外側から掻きむしるように収穫をするため掻きチシャと言われているんです。

 

サンチュは焼肉と一緒に食べられている理由としては、みずみずしくかすかに甘い香りがあり、シャキシャキとした歯ごたえがあるから脂分の多いものと合うからなんですね。

 

サンチュは玉レタスが普及するまではレタスの主流品として出回っていたのですが、その後姿を消してしまいました。

そして今また焼肉とともに流通量も増えてきているようです。

サンチュは韓国語です!

 

 

まとめ

レタスの種類は4つ「玉チシャ」「葉チシャ」「立ちチシャ」「掻きチシャ」

チシャはレタスの和名

通常レタスは玉チシャのこと

掻きチシャは茎ごとではなく葉だけ掻きとる

レタスにはこんな分類があるとは知りませんでした。日頃食べているレタスはほとんどが結球した玉レタスというんですね。

レタスもそれぞれの特徴を活かした食べ方でおいしく食べたいですね。

 

あわせて読みたい

レタスの保存方法や栄養などあれこれがわかります! → レタスまとめ気事!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-レタス, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.