レモン 果物

レモンの栄養は?効果・効能は何?

 

レモンはすっぱいイメージしかありませんし、薬味に使われることが多いので直接食べることは少ないのではないでしょうか。そんなレモンにはどんな栄養が含まれていて、それらの栄養がもたらす効果・効能についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

レモンの栄養は?

レモンのおもな栄養にはその代名詞にもなっているビタミンCをはじめ次の栄養があります。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • クエン酸
  • ポリフェノール
  • リモネン

レモンには100gあたり100mgものビタミンCが含まれており、これは果物の中でもNo.1です。ビタミンCは体の細胞と細胞の間をつなぐ役割のあるコラーゲンというたんぱく質を作るのに不可欠な栄養成分です。

ビタミンCが不足するとイライラしたり、病気などへの抵抗力がなくなりますので積極的に摂るべき栄養成分になります。

ビタミンCと並ぶもう一つのレモンの代名詞にすっぱいというイメージがありますが、その正体がクエン酸です。クエン酸は摂取した食べ物をエネルギーに変えるために欠かせない栄養成分なんです。

また、体の代謝をよくする働きもあります。

 

レモンにはヘスぺリジンやエリオシトリンといったポリフェノールも含まれていて、これらの成分は抗酸化作用のあるビタミンPとも呼ばれています。

コレステロールの上昇を抑えて毛細血管を強化してくれるので生活習慣病の予防に効果的です。

レモンの爽やかな香りの成分がリモネンで、皮によりおおく含まれています。レモンの香りをかぐとなんとなくリラックスっできるのもリモネンの働きによるものなんです。

博士
リモネンの語源はレモンからきてるんじゃよ

 

スポンサーリンク

 

 

レモンの効果・効能は?

レモンの効果・効能

  • アンチエイジング
  • 疲労回復
  • 食欲増進
  • 安眠効果

アンチエイジング

ビタミンCをはじめ若返りのビタミンと言われるビタミンEには抗酸化作用という体の酸化を防ぐ働きがあり、肌荒れやシミ・ソバカスなどを防いでくれまあすので若々しい肌を保つことができるんです。

女性にはたまらんですなう・し・し

 

疲労回復

疲労によってダメージを受けた細胞を修復するために必要なエネルギーを賄ってくれる役目をするのがクエン酸なんです。さらに疲労回復ビタミンのビタミンB1もレモンは含んでいますので、より効果を発揮してくれます。

 

レモンの旬の時期は?産地はどこ?

  レモンは薬味だけでなく美容やスイーツににも使われ1年中あるので、ついついいつが旬なのかなんて忘れてしまいますよね。よく見かけてるレモンは外国からの輸入品が多いんです。今回はレモンの旬の時 ...

続きを見る

 

食欲増進

体内にクエン酸を取り入れることで胃液の分泌が促され、胃の働きが活発になることで代謝がよくなり食欲増進につながっていきます。

 

安眠効果

爽やかな香りの成分であるリモネンにより神経細胞が落ち着き、イライラやストレスが抑えられますので安眠効果をもたらしてくれます。

リモネンはその特性からアロマオイルの原料やガムの香料としても使われていますので、そういう点でもリラックス効果を期待できる表れが証明されています。

メモ

クエン酸は痛風改善にも効果的なんです。クエン酸を取り入れることで尿中の尿酸をアルカリ性に替えてくれて排出されるのでそれにより尿酸値がさがり痛風改善が期待できるわけです。

 

 

まとめ

レモンのおもな栄養はビタミンC・ビタミンE・クエン酸・ポリフェノール・リモネン

レモンのビタミンCは果物で一番多い

レモンの効果・効能はアンチエイジング・疲労回復・食欲増進・安眠効果

クエン酸は痛風効果も期待できる

ただすっぱいだけかと思っていましたが、こんなにすごい栄養成分がありその効果もたくさんありますね。揚げ物や刺身などに付け合せされてるので殺菌作用があるからぐらいにしか考えていませんでした。冒頭にも書きましたがこれを知ったらやはり食べずにはいられないですね。

レモンの栄養や効果効能に保存方法などのまとめ記事!

  スポンサーリンク

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-レモン, 果物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.