らっきょう 野菜

らっきょうの旬はいつ?産地はどこ?

 

カレーの付け合わせに出てくるらっきょうですが、お酒のつまみにする人もいらっしゃいます。そんならっきょうのはいつなのでしょう?またどんな産地があるのか?知らない人も多いのではないでしょうか。今回はらっきょうの旬と産地についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

らっきょうの旬はいつ?

らっきょうの旬は5月~6月です。

島らっきょうは九州や本州で作られているものに比べると少し早い時期4月に旬を迎えます。島らっきょうというのは沖縄県で作られているらっきょうの品種で、一般のものより小型で細長い形をして辛味があります。別名ダッチョウとも呼ばれています。

 

らっきょうの産地は?

らっきょうの産地でもっとも収穫量が多いのは鳥取県です。鳥取砂丘が有名ですね。

鳥取県38%

鹿児島県23%

宮崎県19%

とこのようになっています。

鳥取県は鳥取砂丘があり、鹿児島県には吹上砂丘、そして宮崎県にはシラス台地の都城盆地といった栽培好適地があるのが特徴です。らっきょうは寒暖差が大きく水はけの良い土壌を好みますのでこの上位三県が生産量が多いのも納得ですね。

 

鳥取がらっきょうの産地になったのはなぜ?

夏は表面温度が60度近くまで高くなり、冬は雪に覆われてしまう過酷な地でも生命力が強くたくましく育つらっきょうは育てやすかったからなんです。

鳥取県でのらっきょう栽培の始まりは江戸時代に参勤交代の付き人が持ち帰ったことからです。

当初は農家が自家用として作っていたのがその後、大正時代に本格的に栽培が広まっていったと言われています。

鳥取らっきょうの特徴は大粒で色の白さとシャリシャリした歯ごたえです。

スポンサーリンク

 

 

らっきょうの種類はどんなのがあるの?

らっきょうは大きく分けると大球種と小球種の2種類になります。

 

玉らっきょう

台湾から導入された品種で、球は小指の先ほど小さくて丸くて白色をしているのが特徴です。繊維がとても細かくシャリシャリした食感を味わえます。

 

らくだ

最も多くの産地で作られている大球種の在来種で、福井・鳥取・新潟・福島などで栽培が盛んです。一度に収穫できる量が多く、肉質がしっかりした首の長い長卵形が特徴です。

 

八っ房(やつぶさ)

玉らっきょうとらくだの中間くらいの大きさですが、収量も少なく品質もあまりよくないのが特徴です。らくだよりも早く収穫できる早生種になります。

 

九頭竜(くずりゅう)

福井県の九頭竜川河口で栽培されている在来系種から、小型・丸型で10~15球まで分球するものを選び出した品種です。

粒の揃っているのが特徴です。

 

エシャレット

生食用に軟白栽培された若づみのらっきょうのことです。青ねぎのような葉がついていて辛みやクセが少ないのが特徴です。似た名前のエシャロットは小玉ねぎの形をしていてエシャレット違うものになります。

 

 

おいしいらっきょうの選び方

らっきょうは形や色を見て選ぶといいです。

  • 小さめのもの
  • 芽が出てないもの
  • 粒揃いのもの
  • 光沢があるもの

ふっくらした形のものでやや小さめで白いものがいいです。すぐに芽が出てくるので多少芽が出ていても色が白か黄色であれば大丈夫です。それと粒がそろっている方が調理もしやすいので選ぶときの基準にしてください。

鮮度が保てるのは泥つきのらっきょうですが、洗ったりするのが面倒であれば泥が落としてある洗いらっきょうでも大丈夫です。

 

 

まとめ

らっきょうの旬は5月~6月

らっきょうの産地ベスト3は鳥取・鹿児島・宮崎

鳥取でらっきょう栽培が始まったのは江戸時代

らっきょうは寒暖差が大きく水はけの良い土壌を好む

おいしいらっきょうの選び方は色・形・芽がでてるかどうかを見る

らっきょうの産地は鳥取県が有名なんですね。筆者は以前はらっきょうを食べれませんでした。というより単なる食わず嫌いだったかもしれませんが。今ではおいしいと思って食べれるようになりましたので、味覚って変わっていくんですかね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-らっきょう, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.