らっきょう 野菜

らっきょうは漢字でどう書くの?由来や語源は?

 

普段らっきょうは平仮名でしか書かないので名前を聞いても漢字をイメージできませんよね。ではらっきょうを漢字で書くとどうなるんでしょう?またその由来語源についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

らっきょうは漢字で書くとどう書くの?

らっきょうは漢字で「辣韮」と書きます。

この字は当然ながららっきょうと入力しても漢字に変換されません。

「辣」はらつと入力し、「韮」はにらと入力すると「辣韮」に変換してくれます。

その他にもらっきょうは「辣薤」「薤」という漢字で表されることもあります。

そうはいうものの、もしらっきょうをこのように漢字で表記されてもほとんどの人は、らっきょうの姿をイメージすることができないでしょうね。

らっきょうの呼び方は地方によって他にも「らんきょ」「らっきょ」と呼ばれています。私の知り合いの方にもらんきょという人がいますが、そう言ってるのはわりとご年配の方に多いようです。

 

辣韮の由来と語源は?

「辛辣(しんらつ)な味の韮(にら)」が漢字の由来になっています。

私たちが食べてるらっきょうの部分は「りん茎」といって葉の根元が変化したものなんです。うろこ状になった葉を多数重なるようにつけているわけです。

このりん茎は辛み成分を持っていることと、伸びた葉はニラに似ていることが漢字の語源になっているんですね。

らっきょうは別名「オオニラ」「サトニラ」と呼ばれています。

 

らっきょうの歴史

らっきょうの原産地は中国のヒマラヤ地方です。

中国でもそうであったように平安時代の日本に最初に伝わった時にも、薬として使われていました。それが食用として食べられるようになったのは江戸時代からであり、その後広く栽培されるようになりました。

余談ですが、らっきょうには実がありません。剥けども剥けども皮ばかりなのです。この情景から物事の本質を見ずに表面だけしか見ないことを表しているのが、

「らっきょうの皮をむくよう」

ということわざになっています。

スポンサーリンク

世界のらっきょうの呼び方

中国語:シェ

英語:シャロット・スキャリァン

ドイツ語:ペルルツヴィーベル

オランダ語:シャロト

フランス語:エシャロットゥ

イタリア語:スカローニョ

スペイン語:チャローテ

ポルトガル語:シャロタ

ロシア語:シャロート

国によってらっきょうの呼び方も様々ですが、何となくシャというのが名前に付く呼び方が多いように感じますね。

 

 

まとめ

らっきょうは漢字で辣韮と書く

らっきょうの漢字の由来は辛辣な味の韮

らっきょうの食用部分はりん茎といって葉の根元が変化したもの

らっきょうは中国が原産

漢字で書く辣韮は難しいですね。そもそもらっきょうを漢字で書くことじたいめったにないと思いますが、知っていると意外と優越感にひたれるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-らっきょう, 野菜

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.