とまと 野菜

プランターで簡単にできるトマトの栽培方法

更新日:

色鮮やかにたわわに実ったトマトを自宅でもぎ取って、すぐに食べれたら最高!ですよね。
そんなプチ自給自足を体験してみませんか?

プランターでできるトマトの栽培方法についての手順・注意点について調べてみました。
特に土質や水やりには注意が必要ですので、ご参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

 

 

トマトのプランター栽培に必要なもの

  1. トマトの苗
  2. 野菜用培養土
  3. プランター
  4. 肥料
  5. 太陽の光

 

植え付けから収穫まで

植え付け

最初に鉢底石をプランターに深さ3cmくらい入れ、その上に培養土をプランターの上から3cmほどのところまで入れます。

プランターの縁まで土を入れてしまうと、水やりをしたときに土が溢れるのでその分のスペースをあらかじめとっておきます。この部分をウォータースペースといいます。

苗を植えるための穴を10cmほどの深さほり、そこに苗を植えます。30cmほどの大きさのプランターであれば苗は1本にします。

植え付ける時期は4月下旬~5月上旬の暖かくなってからにします。

プランターは土がたっぷり入る大きめのものを選ぶようにします。角型なら幅25~30cmで深さは30cm以上のものを、丸型なら深さ30cm以上のものがおすすめです。

 

支柱立て

植え付けが終わったら苗から10cm離れたところに支柱をプランターの底につくまで入れて立てます。

それから苗と支柱をヒモで軽く結んであげるのですが、このとき使うヒモは麻で出来たものがいいです。理由はそのままほどけてしまっても土に返ってしまうからです。

 

水やり

苗を植えてからは毎日1回水やりをします。水やりのタイミングとしては午前中の方が適しています。日中の気温が高いときに水やりをすると土中の湿度が高くなり、病気の原因になりやすいからです。

そして注意していただきたいのは苗に直接かけないことです。必ず根元の土に水やりをしてください。

トマトはもともと乾燥した地域で育ってきた植物ですので、過剰に水やりをする必要はありません。土の表面だけでなく中の方まで乾いているようだったら水やりをするようにすることが大事です。

スポンサーリンク

 

追肥

苗を植え付けてからしばらくは追肥は必要ありません。

最初の追肥のタイミングは、1段目についた実の大きさがピンポン玉くらいになった時です。その後は1ケ月毎に追肥を与えるようにします。

トマトの実が付くのを5段目くらいで止めるのであれば追肥は2回で終了になります。

 

わき芽かき

わき芽かきはトマトを大きく育てるために必ず行うようにします。

またそれ以外の理由としてはわき芽が大きくなると実に日光があたりにくくなることと、余分な葉に栄養がいってしまうことです。

わき芽かきの時期としては、5cmくらいの大きさになる前に行うことが大事になります。

 

収穫

収穫の時期の目安は花が咲いたあと、1ケ月後です。

その頃になると着果したトマトの実が赤く色づいてきますので、ハサミでヘタのちょっと上を切って収穫するようにします。

 

置く場所

日中はできるだけ日当たりの良い場所に置くようにします。できるだけ1日6時間くらいは太陽の光がトマトの苗に降り注ぐようにしたいです。

夏場は夕方以降の西日は避けるのが良いです。

 

 

良い苗の選び方

茎がまっすぐしていて鉛筆くらいの太さがある

葉の色が濃い緑色をしている

病害虫の被害がない

花が付いている

良いトマトを育てるためにはなんといっても状態の良い苗を植えることにつきます。

人間と同じで健康で強い体の人は、成長も早く大きくなりやすいです。

 

 

まとめ

・プランター栽培に必要なのは、プランター、培養土、苗、水、肥料、日光
・プランターはプラスティックで、深さ30cm以上のもの
・土は家庭用の「培養土」が良い
・苗は茎が太く、葉の色が濃く花がついているもの
・水は与え過ぎない
・太陽の光をいっぱい浴びさせる

目に見えるところにトマトが実っていたら思わず食べたくなりますよね。健康志向は高まる一方です。

身近ですぐに取り組めるプランターでのトマト栽培を始めてみませんか?トマトには「リコピン」という抗酸化作用がある栄養成分も含まれています。

毎朝採れたてトマトで迎える朝食は最高においしいでしょうね。

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

-とまと, 野菜
-,

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.