おせち 豆知識

おせちの中身の種類や意味は?詰め方にも意味があった!

 

おせち料理に入ってる中身はどれも特徴的なものが多いですがそれぞれの種類には意味もありますし、つめ方にも決まりがあるんですよ。おせちを食べる時にそんなこと考えたこともないという方も是非知っておいてくださいね。

 

 

おせちの中身の種類や意味は?

おせちの中身の種類は大きく分類すると5種類です。

  • 祝い肴(さかな)
  • 口取り
  • 焼き物
  • 酢の物
  • 煮物

そしてその中の一つ一つの具材になると約20~30種類になります。

ただこの中身については地域によってかなりばらつきがありますので、あくまでも目安の数字としてとらえてください。

祝い肴

一番上になる一ノ重に祝い肴を入れます。田作り・黒豆・数の子を祝い肴三種と呼んでいてお正月には欠かせないものとなっています。関西では黒豆でなくたたきごぼうが入り、田作り・たたきごぼう・数の子が祝い肴三種になります。

田作り(たづくり)は地方によって呼び方が違い「ごまめ」と呼ぶところもあります。これには豊作祈願の意味が込められています。おせちの田作りは片口いわしの稚魚を甘辛く煮たものですが、魚とお米がなぜ結びつくのかというと昔は肥料として田んぼに片口いわしが使われていたことに由来しています。

ごまめはいわしを肥料にして米つくりをしたら五万俵も収穫できた「五万米」からごまめとなったといわれています。

数の子はニシンの卵で一腹にたくさんの卵が入っていることから子宝に恵まれますように!との願いが込められていますし、黒豆には邪気を祓って不老長寿をもたらす意味と、まめに1年働けますようにという意味が込められているんです。

送料無料

板前魂のおせちを見てみる!

※143万食の実績

 

口取り

かつて饗膳(きょうぜん)というお客さんをもてなす料理の最初にお吸い物と一緒に出されていた酒のつまみを口取り肴と称したことに由来しています。ここにはかまぼこ・栗きんとん・伊達巻・昆布巻・魚の甘露煮などの甘めの料理が一般的です。

かまぼこの紅白は半円形にすると「日の出」に似ているため、初日の出を意味するとても縁起の良いものになります。赤はめでたさを白は清らかさを表しています。

栗きんとんは金団と漢字では書くため金運をもたらし豊かな1年になるようにとの願いが込められています。

伊達巻の伊達はおしゃれなものや華やかさを表していて、巻は書物を意味していたことから学問や教養が身に付くようにとの願いが込められていて、昆布はよろこぶという言葉にかけて長寿の縁起物とされています。

 

焼き物・酢の物

焼き物や酢の物は二ノ重に入れます。

縁起が良いとされるぶり・タイ・海老などの海の幸を焼いたものを入れるのが一般的です。

ぶりは出世魚(ツバス→メジロ→ハマチ→ブリ)ですので将来出世できるようにとの願いが込められていて、特に西日本では欠かせない魚となっています。

タイは「めでたい」という語呂合わせでお祝い膳には欠かせない魚になっています。

海老は腰の曲がった老人に例えられ「長生きできるように」という意味と、海老は脱皮をしますからぶり同様、出世を意味する縁起物としての意味もあるんです。

紅白なますはかつては生魚・にんじん・ダイコン・酢を材料としていたことから「なます」と呼ばれるようになったんですが、紅白の色合いがお祝いのときの水引きに似ていることからめでたい席の定番料理としてと、お口直しの役割を担っています。

全国送料無料

博多久松のおせちを覗いてみる!

※お試しおせちもありますよ!

 

煮物

煮物は根菜類を中心に具材を一つの鍋で煮ることから「家族が仲良くむすばれますように!」との願いが込められています。

蓮根は穴があいていますので「先が見える」や「将来が見通せる」といった意味や種が多いことから「子孫繁栄」の意味ももっています。

里芋は親芋から子芋がたくさんできることから子孫繁栄の願いが込められているんです。ゴボウは土の中に長く細く根を張るため、代々家が続くようにとの意味があります。

 

 

詰め方にも意味があった!

段数 名称 基本の料理
一段目(一番上) 壱の重 祝い肴・口取り
二段目(真ん中) 弐の重 焼き物・酢の物
三段目(三番目) 参の重 煮物
四段目(一番下) 与の重 煮物

通常おせちは三段のものが多いのですがこれは「三」という数字が完全なものを意味しているからでして、三度目の正直だったり御三家などといったりするのも三が縁起の良い数字といわれる所以です。そしてさらにその上にもう一段重ねるとよりよいということで四段にすることがあります。

この四段が四の重と書かないのは「四」が「し」とも読め死をイメージするから「与」になっているんです。

おせち作りにお重を使う理由としては重箱はご存知のように重ねることができますので、「福を重ねる」とか「幸せを重ねる」といった意味合いを持っているからです。

ダルマ
一つの重箱に詰める数は決まってるの?

一つの重箱に詰める具材の数は奇数になるようにするのが良いとされています。これはもともと偶数は2つに分かれるため縁起が悪く、奇数の方が縁起が良いことによるものです。

3・5・7といった奇数の品数になるように詰め合わせるようにしましょう。

 

 

まとめ

おせちの中身の種類は大きく分けると5種類

  • 祝い肴
  • 口取り
  • 焼き物
  • 酢の物
  • 煮物

重箱は上から壱の重・弐の重・参の重・与の重となり、それぞれに詰めるのは祝い肴・口取り・焼き物・酢の物・煮物となる

おせちに重箱を使うのは「福を重ねる」「幸せを重ねる」という意味合いがあるから

お重の数は縁起の良い三よりも一つ上の四段にすることが良いとされている

一つの重箱に入れる品数は縁起の良い奇数になるようにする

おせちはもとより重箱を使うのにもこんな理由があったんですね。単に豪華に見えるから重箱を使っているのかと思っていました。1年の始まりにふさわしいおせちですのでしっかり意味も踏まえて味わいたいですね。今回の記事が参考になればうれしいです。

おせちの通販でおすすめは?特徴や値段を比較してみた!

  おせち料理を頼むときにどこにしようって迷ったりして決めかねることはありませんか?そんな時に活用していただけるように僕がおすすめする通販のおせちでおすすめの会社をご紹介します。特徴や値段な ...

続きを見る

 

関連コンテンツ

-おせち, 豆知識

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.