大端えりか(ラーメン店)のプロフィール!吉本新喜劇出身【ボンビーガール】

大阪都島でラーメン店「オコメノカミサマ」を構えている大端絵里香(おおはた えりか)さん。

テレビ番組ボンビーガールにも出演され、世間の注目を集めています。

えりかさんはもともと吉本新喜劇に所属されていたお笑い芸人さんだったというから驚きです。

今回はそんな大端えりかさんのプロフィールについてまとめてみました。

目次

おおはたえりか(ラーメン店)のプロフィール

大端絵里香さんは現在32才ですが、ラーメン店の店長として奮闘されています。

  • 名前:大端絵里香(おおはた えりか)
  • 生年月日:1988年6月9日
  • 出身地:大阪府寝屋川市
  • 身長:155㎝
  • 血液型:A型
  • 趣味・特技:コスプレ・書道・自転車旅・水泳

もともとラーメンが好きだったそうですが、どうしてもラーメンというと男性のイメージが強かったので、それを払拭したかったそうです。

女性でも気軽に来店して食べやすいお店を作り目指すべくラーメン店を開業したといわれていました。

大端えりか(ラーメン店)の経歴

大端さんは2009年から2014年まで吉本新喜劇座員として舞台女優をされていました。

NSC大阪校女性タレントコース5期生で入学され、同期には3時のヒロインとして活躍されてる福田麻貴さんがいます。

ラーメン好きだった大端さんは、どうしても自分が納得できるラーメンを作りたいとの思いから、吉本を退社されました。

大端さんの実家は美容室を経営されていたので、将来は自分も同じ道を歩まされると思っていたそうです。

その理由として高校時代には昼は高校に通いながら美容学校に通わされていたからです。

大阪府大東市内のラーメン店にて麺づくりの修行を行い、2014年に「麺匠さくら咲く」をオーペンされました。

しかしながら、病気を患い2018年1月に閉店を余儀なくされたのです。

それから9ケ月後の2018年10月のは、再びラーメン店「オコメノカミサマ」を大阪都島に開店されています。

その後、2020年8月には大阪千日前にハラミ料理専門店「ハラミノカミサマ」を開店しています。

経営者としての手腕があるからこそ、このように挫折を味わいながらも復活を果たすことができたのだと思います。

大端さんがラーメン屋さんを始められたきっかけは、テレビに出たかったからだといわれていました。

どういうことかというと、当時、女性がラーメン屋さんをやってるところが少なく、自分がラーメン屋をやればメディアに注目されると考えたからだそうです。

大端えりか(ラーメン店)の出身

大端えりかさんの出身は大阪寝屋川市です。

寝屋川市は大阪の北部に位置する人口約22万人の市になります。

寝屋川には「寝屋川祭り」が毎年7月に開催され、多くの市民でにぎわいを見せているようです。

大端さんは仕事が忙しいみたいで実家のある寝屋川にはあまり帰省されていないようです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる