ごはんのお供 納豆

<<納豆の栄養成分は?>>効果や効能はなにがある?

 

 

納豆は日本人の食卓には欠かせないソウルフードです。ネバネバして食べにくいというのもありますが栄養面でも優れているんです。今回は納豆の栄養成分効果効能についてまとめました。

スポンサーリンク

 

 

納豆の栄養成分は?

納豆の栄養成分には僕らが健康な体を維持するために必要な5大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル)がすべて含まれています。

それ以外にも次のような栄養成分(100gあたり)があります。

成分名 含有量
脂質 10g
ナトリウム 2mg
カリウム 660mg
カルシウム 90mg
マグネシウム 100mg
炭水化物 12g
たんぱく質 17g
3.3mg
亜鉛 1.9mg
0.61mg
セレン 16μg
ビタミンK 600μg

100gですとお店で売ってある3個パックの約2個分になりますので、1個あたりの納豆に含まれる栄養成分量は上記の半分ほどになります。

1個あたりの納豆のたんぱく質は牛肉肩ロースの45g分に相当しますし、カリウムはトマトジュースおよそ3分の2に相当します。それ以外にもマグネシウムは牡蠣3個分相当の含有量になります。

このように見てみるだけでも納豆の栄養成分はかなりすごいというのがわかりますよね。

また大豆を発酵して作られる納豆には発酵する段階でナットウキナーゼという成分ができます。これは大豆にはない納豆独自の活性酵素で、様々な健康への効果が期待される成分なんです。

ダルマ
そんなスゴイ栄養成分がある納豆ならその効果や効能もいろいろあるんだろうね?
スポンサーリンク

 

 

納豆の効果や効能は?

  • 心筋梗塞や脳梗塞を予防
  • 美容効果や体内時計のずれを直す
  • 腸内環境を整える

 

心筋梗塞や脳梗塞を予防

納豆のネバネバ成分に含まれるナットウキナーゼには血栓を溶かす働きがあります。血液のの中でできる塊が血栓でありそれにより心筋梗塞や脳梗塞を発症します。

実際に納豆をよく食べる人はそうでない人に比べて脳卒中(脳梗塞・脳出血)で亡くなる割合が約3割も低くなるという報告もあるといわれています。

その他にも血中コレステロール値を下げる役割もするために糖尿病の予防や健康な血管を保つために重要な働きをしてくれるのです。

こうした血液に良い作用を及ぼすナットウキナーゼですができるなら夜に摂るのがおすすめなんです。それは夜から朝にかけて血栓を引き起こすことが多いからなんです。

血液をサラサラにする薬を服用している方はナットウキナーゼの作用が逆効果になりますので注意してください

 

美肌効果

納豆に含まれる成分のポリアミンには肌のハリをよくし動脈硬化を防ぐなどのアンチエイジング効果があります。これは抗酸化作用があり体内の酸化を防いでくれることによりそうした効果を発揮してくれるんです。

女性の多くは美肌効果やアンチエイジングのために納豆を食べている方が多いともいわれています。

また昨今スマホやパソコンを深夜まで使用したり、夜型の生活が日常的になってしまってるいわゆる体内時計の乱れを改善してくれる働きもポリアミンには期待されています。

 

腸内環境を整える

納豆に含まれる納豆菌には腸内の善玉菌の増加を促す作用があります。それにより悪玉菌よりも善玉菌が優勢になりますし、さらに納豆の食物繊維が善玉菌のエサになり腸内環境が整えられ腸が活発に働くようになります。

体内の免疫細胞の約6割は腸の中に集中していますので、腸が元気になることで免疫細胞が増えていき外からの病原菌を防いでくれます。

そして腸内環境がよくなり免疫細胞が増えることでお肌にも良い影響を与えてくれますので、女性にとっては特に納豆はおすすめだというわけです。

 

 

納豆の食べる量は1日どのくらい?

体にいいことばかりの納豆だったら毎日たっぷり食べればいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、確かに納豆は健康効果が高いのですが食べ過ぎると逆効果になります。

毎日食べる目安の量は1パック(50g)にしましょう。そしてできるだけ夜に食べるようにするのがおすすめです。

それは先ほどもご紹介しましたように脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓は、夜から朝方にかけて起こりやすいからです。

そのため夜に納豆を食べておけばナットウキナーゼが血栓を予防してくれる可能性があります。

 

 

まとめ

納豆の栄養成分は五大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル)がすべて含まれている

納豆の効果・効能は心筋梗塞・脳梗塞の予防、美肌効果、腸内環境を整える

大豆が発酵する過程でできるナットウキナーゼには血栓を溶かす効果がある

納豆菌には腸内の善玉菌を増やし免疫細胞も増やしてくれる働きがある

納豆は1日1パック(50g)を目安に夕食に食べた方がいい

日本の食卓に必ずといっていいほど並んでいる納豆は栄養効果が抜群ですね。納豆をグルグルかき混ぜて食べてる姿は外国人にとったらさぞかし珍しいそうです。毎日の食事に納豆を取り入れて健康な体作りしてみませんか?

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-ごはんのお供, 納豆

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.