梨のアレルギー?特徴と症状や食物アレルギーとの違いは?

野菜果物関連

 

果汁があふれ出す瑞々しいいですが食べてアレルギー症状が現れる方がいらっしゃいます。その理由はなんなのか?アレルギーの症状や対策そして多くの方を悩ますあの花粉症とも関係についてまとめました。

[quads id=1]

 

 

梨のアレルギーとは?

梨のアレルギーというのは口腔(こうくう)アレルギーといって、梨を食べた時に口や喉などにかゆみやイガイガするような症状が出ることがそうなんです。

原因は梨に含まれるたんぱく質なんです。

梨はバラ科に所属している果物ですが、梨に限らず同じバラ科の果物ですとこのような口や喉のかゆみやイガイガの症状が出ることがあります。

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#919191″ bgcolor=”#fafafa” color=”#000000″ iconsize=””]

バラ科の果物

リンゴ・さくらんぼ・もも・すもも・アンズ・いちご・ウメ・ビワ・アーモンド・西洋ナシ

[/st-cmemo]

これらいずれかの果物でかゆみやイガイガなどを感じたら、同じ仲間の果物でも症状が出る可能性が高いので十分注意してください。

余談ですが僕の子供は小さいころ山芋を食べると唇や口の周りが赤くなりとてもかゆがっていました。

[st-card id=4140 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

 

特徴と症状や食物アレルギーとの違いは?

梨のアレルギーは口腔アレルギーになるのですがその特徴は食べてからおよそ15分ほどで症状が現れます。

症状が現れるのはおもに唇や舌、喉の奥などの限られた直接果物と接した部分にかゆみやイガイガ赤くはれるなどの症状がでます。子供さんですと不味い・苦い・辛い・痛いなどといってくることがあるかもしてません。

ただし小麦やたまご・牛乳による食物アレルギーのようにじん麻疹や湿疹・下痢など全身に症状が出ることはほとんどありませんし、それほど重症になることもありません。

口腔アレルギーと思わしき症状がでたら速やかに病院に行って医師の診断を受けるようにしましょう。

[quads id=1]

 

食物アレルギーとの違いは?

通常アレルギーというとじん麻疹などが出る食物アレルギーを指しますが、梨による口腔アレルギーとはどう違うのかについてまとめてみました。

  食物アレルギー 口腔アレルギー
感作経路 食物が腸管から吸収されて感作 花粉の吸入により感作
代表的な原因となる食品 卵・牛乳・小麦・魚など 花粉のアレルゲンタンパクと類似したタンパクを含む果物・野菜
アレルゲンの特徴 熱や消化酵素に対して安定したタンパク質 熱に不安定で消化されやすいタンパク質
症状を誘発する箇所 消化管での吸収により発症 口腔粘膜で発症
症状 おもに全身症状 口唇・口・喉

                               引用元:eo健康

食物アレルギーの原因であるアレルゲンは体内の消化酵素に強いので、腸から体内に吸収されていきます。それに対して口腔アレルギーのアレルゲンは消化酵素に弱く、胃や小腸で簡単に分解されてしまいますので果物などの物質が直接触れた部分にだけアレルギー症状が出るんです。

また口腔アレルギーのアレルゲンは熱に弱いという性質もありますので、熱を加えた果物であればアレルギーの症状は出ないことがあります。

[st-card id=4252 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

 

花粉症との関係

口腔アレルギーは花粉症患者の実に10人に1人が発症しているんです。

花粉症は日本人の3~4人に1人の割合でかかっているほどの国民病ともいうべきアレルギー病です。

花粉と梨のようなバラ科の果物が持つアレルゲンには共通性があり、そのため花粉症の方は口腔アレルギーにも敏感に反応しやすくなっているんです。

また花粉症を引き起こす花粉の種類によって口腔アレルギー症候群を引き起こす果物や野菜が違ってきます。

花粉の種類 関連する野菜・果物
スギ・ヒノキ科花粉症 メロン・パイナップル・キウイ・マンゴー・クルミ・梨・トマト・ナスなど
イネ科花粉症 トマト・メロン・スイカ・オレンジ・セロリ・バナナなど
キク科花粉症(ブタクサ属) スイカ・メロン・バナナ・イチゴ・マンゴー・ブドウ・キュウリ・ズッキーニなど
キク科花粉症(ヨモギ属) ニンジン・セロリ・キウイ・ピーナッツ・ジャガイモ・トマトなど
カバノキ科花粉症(シラカンバ属) リンゴ・モモ・サクランボ・梨・アンズ・ビワ・ピーナッツ・セロリ・など

果物だけでなく野菜でも口腔アレルギーの症状が出るものが結構あるんですね。僕は幸い何もアレルギーが出る食べ物はありませんが、アレルギー症状がある方にとってはとてもつらいですよね。

 

 

まとめ

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

梨のアレルギーは口腔アレルギー症候群で対象となる食べ物を食べて15分ほどで症状が出る

口腔アレルギーの症状は唇や喉の奥にかゆみやイガイガを感じる

食物アレルギーは全身に症状が出るが口腔アレルギーは食べ物と接触した部分だけに出る

口腔アレルギーは花粉症と原因のアレルゲンが似ているので花粉症患者の10人に1人が口腔アレルギーを発症している

口腔アレルギーのアレルゲンは熱に弱く、消化酵素によって分解されやすい

[/st-mybox]

おいしい梨を生で食べれない人もいらっしゃるのは残念ですね。このようなアレルギーは体質の遺伝によるものも多いのですがそれだけでないみたいで、最近の子供には特にアレルギーを発症しやすい食べ物がたくさんあります。そのため学校給食でも今まで使っていた果物がなくなったりしています。みんながなんでも食べれるようになるといいですね。

[st-card id=4331 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”] [quads id=1]

コメント