菜の花 3月の食べ物

菜の花の旬や季節はいつ?おいしい食べ方は?

 

寒い冬が過ぎると暖かく・柔らかい季節の春に変わっていきます。

春の季節に明るい色で目を和ませてくれるのが、菜の花です。

その菜の花の季節、おいしい食べ方についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

菜の花の旬はいつ?

菜の花の旬は春先です。ちょうどひな祭りのころですね。

春の訪れを告げるかのごとく収穫できるようになる菜の花は、2月~3月がもっとも収穫量が多

くなり、食べごろとしても旬を迎えます。

早い品種の寒咲花菜(かんざきはなな)は11月の終わりころから旬を迎えます。冬が始まるころですので山々は雪化粧をしてる状況ですので、まるで冬と春が同時にやってきてるかのようですね。

花菜は菜の花の別名です。

このように早くできる花菜は京野菜のブランドとして多くのお店で料理に使われています。  

 

 

菜の花のおいしい季節はいつ?

菜の花のおいしい季節は1月~3月になります。

この頃になるとスーパーには菜の花がまるでお花畑のようにたくさん並ぶようになるので、そ

れが目印でもあります。

菜の花は穂先や茎の部分を食べますので、3月の終わりころになると固さが出てきておいしく

なくなります。

できるだけ早い時期が好ましいですね。

スポンサーリンク

 

 

菜の花のおいしい食べ方

なんといっても「おひたし」が一番です。

そのほかには辛し和えやパスタに入れるのもおいしいですね。独特の苦みがある菜の花は、湯

がきすぎると栄養も損なわれ、歯ごたえも悪くなります。

できるだけさっぱりした料理に合わせるのが良いようですね。

冬から春にかけての季節の変わり目は、特に体調を崩しやすい季節なんです。そういうことを自然もわかってるのか春には様々な山菜や薬草が顔を出します。

※菜の花って栄養あるの? → 菜の花の栄養や効果は?

 

 

そもそも菜の花ってどんなの?

菜の花はアブラナ科の植物の総称です。

その主な種類は3種類です。

 

1.観賞用のもの

2.菜種油用のもの

3.食用のもの

観賞用と食用の違いは人工的に育てたか、自然に自生したかの違いなんです。また菜種油はおもにセイヨウアブラナから採取されていて、世界的に見るとその生産量はパーム油・大豆油についで3番目になるんです。

菜の花という名前の意味は「野菜」「花」ということからそう呼ばれています。

菜の花のほかの呼び方として、「花菜(はなな)」や「菜花(なばな)」とも呼ばれているん

ですよ。

市場関係者はもっぱら「なばな」と呼ぶことが多いですね。

アブラナ科の野菜の仲間としては、ブロッコリ・ハクサイ・キャベツ・カブなどがそうで、

部黄色い花を付けます。

菜の花の花言葉は「快活」「明るさ」「競争」「財産」「小さな幸せ」などです。

菜の花の主要な産地は千葉・徳島・香川・高知などで四国地方で栽培が盛んなんですね。

 

※食用って一種類じゃないんだ! → 菜の花の食用の種類は何?

 

 

まとめ

 

・菜の花の旬は春先のひな祭り頃。

・菜の花のおいしい季節は2月~3月。

・菜の花の仲間はブロッコリ・ハクサイ・カブなど。

・菜の花は主に3種類ある。(鑑賞用・菜種油用・食用)

黄色い可愛らしい花が印象的な菜の花ですが、食用は少し癖がありますよね。

春を告げる使者として暖かくなってくると姿を現します。

春を先取りして幸先の良い新年度のスタートをきりましょう。

 

※菜の花について他にも記事がありますのであわせてみてください。→ 菜の花のまとめ記事!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-菜の花, 3月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.