菜の花 3月の食べ物

菜の花の食用の種類は何?観賞用との違いは?

 

 

菜の花は花ですが食用でもあります。

食用の菜の花は好みが分かれると思いますが、栄養は満点です。

そんな菜の花の食用にはどんなのがあって、観賞用の菜の花とは何が違うのか?についてまと

めました。

スポンサーリンク

 

 

菜の花の食用には何がある?

 

食用の菜の花には「和種なばな」と「西洋種なばな」があります。

 

なばなというのは食用に改良された菜の花のことです。

ですので菜の花の一つの種類がなばなですので、どちらの名前で呼んでも間違いではいという

ことになります。

※知ってますか?菜の花の旬! → 菜の花の旬はいつ?

 

和種なばな

 

花蕾タイプといっておもに花茎と蕾や葉を使用するなばなです。

 

在来種のほか品種改良されたタイプのものもあり、色合いは全体的に薄い緑色をしています。

 

京都の菜の花漬けは、この和種なばなが使われています。

 

 

西洋種なばな

 

茎葉タイプといっておもに花茎と葉を使用するなばなです。

 

その特徴が甘味があり、苦みが少ないことです。苦みは和種なばなよりも少ないです。

 

栃木県特産の「かき菜(佐野そだち菜)」や福岡県さんの「博多な花おいしい菜」も西洋種な

ばなになります。

 

※菜の花って実はスゴイんです。菜の花の栄養と効果は?

スポンサーリンク

 

 

観賞用の菜の花との違いは?

 

食用と観賞用の菜の花の違いは食用として作られたか、自然に生息したかです。

 

観賞用は絶対に食べれないかというとそういうわけではありませんが、きっとおいしくない

すよ。

 

食用は品種改良されて、食べる目的のためにわざわざ作られたもので、観賞用は河川敷などに

自然に生えてきたものになります。

 

観賞用の菜の花には「セイヨウカラシナ」と「セイヨウアブラナ」があります。

 

・セイヨウアブラナの方がセイヨウカラシナよりも花が大きい。

・セイヨウアブラナの方が早く花が咲く。

・セイヨウアブラナは葉の基部が耳型で茎に巻いているのに対し、セイヨウカラシナは葉が茎

 に巻いていない。

・セイヨウアブラナの種は黒く、セイヨウカラシナの種は赤茶色。

 

このような違いがあります。

 

 

まとめ

 

・菜の花の食用は「和種なばな」と「西洋種なばな」。

・西洋種なばなのほうが苦みが少なく、甘味がある。

・菜の花の一種がなばななので、菜の花でもなばなでも呼び方はあってる。

・観賞用の菜の花は「セイヨウカラシナ」と「セイヨウアブラナ」。

・花の大きさや葉の形に違いがある。

 

 

食用の菜の花はそれ用に品種改良されてできたものだったんですね。

道端に生えてるものとはやはり違うってことですが、考えてみたらあたり前です。

菜の花となばなが同じだということも知ってるようで、確信はありませんでしたが今回よくわ

かりました。

 

※菜の花について他にも記事がありますのであわせてみてください。→ 菜の花のまとめ記事!

スポンサーリンク

 

 

 

 

関連コンテンツ

-菜の花, 3月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.