菜の花 3月の食べ物

菜の花の冷凍保存のコツは!その理由は?

更新日:

 

寒い冬が終わると菜の花が春を連れてやってきます。

菜の花はとても栄養があり、体に必要な成分がぎっしり詰まっています。

一回で使い切れなかった菜の花は冷凍して保存していくと便利です。

なぜ冷凍保存がいいのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

菜の花を冷凍保存のコツは?

 

菜の花の冷凍保存のコツは「茹で方」です。

 

さらにその茹で方のポイントについてみてみましょう。

 

・下処理は茎の下の部分を1~2cm切り落としておく。

・水洗いはさっと手早く済ませる。(栄養成分が流れ出るから)

・ひとつまみ(1g程度)の塩を入れる。

・茎から先に茹でて、1分ほどたってから葉をいれて30秒ほど茹でます。

・約2分くらい茹でたら水に軽くさらします。

 

 

ビタミンCなどの大事な栄養素は水に溶けやすいので、長く茹でないようにすることと、茎と

葉の部分を分けて茹でることが大事です。

 

それと茹ですぎは禁物です。なぜかというと折角の食感が悪くなってしまうからです。

 

 

時間がない時は電子レンジでも簡単に茹でることができます。

 

その時は切り分けた茎を下に葉っぱを上にして1分30秒くらいで大丈夫です。

 

※栄養が実はスゴイんです。 → 菜の花の栄養と効果は?

スポンサーリンク

 

 

冷凍保存が良い理由と保存の仕方

 

菜の花を冷凍保存した方が良い理由は栄養成分が保たれて、長期保存ができるからです。

 

菜の花はとても痛みやすい野菜ですので、冷蔵保存ではすぐに傷んでしまいます。

 

2~3日で使う予定がある場合は冷蔵でも大丈夫です。

 

冷蔵保存する場合

 

乾燥を避けるため新聞紙やキッチンペーパーを濡らして菜の花を包み、さらにその上からビ

ニール袋を被せて立てておくとなおよいですよ。

 

野菜室に入れておくのがいいです。

 

※食用の菜の花は1種類じゃないの? → 菜の花の食用の種類は?

 

冷凍保存する場合

 

この場合は生のままでも茹でてからでもどちらでも保存することができます。

 

生の場合はさっと水洗いして適当な大きさにカットしたら、サランラップに包んでZiplocなど

にいれて余分な空気を抜いてから冷凍します。

 

 

茹でてから冷凍する場合は、茹でたあと水にさらしたら水分をよく切ってから生で保存すると

きと同じようにサランラップに包んでZiplocなどに入れて余分な空気を抜いてから冷凍しま

す。

 

冷凍した場合の保存期間の目安は1ヶ月です。

 

 

まとめ

 

・菜の花の冷凍保存のコツは茹で方。

・茹で方には鍋で茹でるやり方と電子レンジで茹でるやり方がある。

・茹でるときのポイントは、茹ですぎないこと。

・菜の花の冷凍保存は生でもできる。

・冷凍保存した場合の保存期間は1ヶ月が目安。

 

 

少し苦みがある菜の花ですが、春が旬の栄養満点の野菜です。

春を味わいながら健康な体を作ってくれるなんてありがたいですね。

長持ちする冷凍保存でいつでもおいしく召し上がってくださいね。

 

※菜の花について他にも記事がありますのであわせてみてください。→ 菜の花のまとめ記事!

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

-菜の花, 3月の食べ物

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.