1月の食べ物 七草粥

七草粥は秋には食べないのはなぜ?春の七草と何が違うの?

 

七草粥といったら春のイメージしかありませんが、の七草もありますよね。

秋の七草の時にはお粥にして食べないのでしょうか?

春の七草と何が違うんでしょうね。

そんな疑問についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

七草粥は秋には食べないのはなぜ?

 

秋の七草は観賞用だからです。

 

秋の七草に選ばれている七草は、万葉集にある山上憶良(やまのうえのおくら)の和歌から

選ばれたものなんです。

 

「秋の野に 咲たる花を 指(および)折り かき数うれば 七種(ななくさ)の花」

「萩の花 尾花(おばな=ススキ) 葛花(クズ) なでしこの花 女郎花(おみなえし)藤

袴(ふじばかま) 朝顔の花(キキョウ)」

 

一つ目の歌で秋の野に咲く花は、七種類あると歌っていて、二つ目の歌でそれぞれの名前を歌

っています。

 

※知ってますか七草粥を食べる日を? → 七草粥はいつ食べる?

春と秋の七草は何が違うの?

「春の七草はお粥にして食べるもの」

 

「秋の七草は目で見て楽しむ観賞用」

 

もう一つ大きな違いは春の七草は「草」ですが、秋の七草は「花」なんですね。

 

春の七草は1月7日の「人日の日」に邪気を払い、無病息災を願ってお粥にして食べる「セリ」、「ナズナ」、「ゴギョウ」、「ハコベラ」、「スズナ」「スズシロ」のことです。

 

お正月に食べ過ぎて酷使した胃腸を休めるためと、冬場の栄養不足を補うために食べるもので

す。

 

秋の七草には決まった日に何かを行うという決まりはないです。秋を感じ楽しむことが目的で

その季節に美しく咲く花「ハギ」「オバナ」「クズ」「ナデシコ」「オミナエシ」「フジバカ

マ」「アサガオ」のことです。

 

秋の七草には生薬としての効用があるものもあります。

 

「葛」(クズ)の根を葛根(かっこん)といいます。

 

※七草粥はなぜ食べるの? → 七草粥の由来は?七草の種類は?

スポンサーリンク

 

秋の七草の種類と効用

萩(ハギ)

薄紫色の花が7~9月頃に咲きます。

薬用成分は根っこで、めまいに良いとされています。

 

尾花(オバナ)

ススキのことです。

薬用成分は根っこで、利尿作用があります。

 

葛(クズ)

紫色の花が7~9月ころに咲きます。

薬用成分は根っこで、有名なのが葛根湯(かっこんとう)ですね。

風邪薬として有名です。

 

撫子(ナデシコ)

濃いピンク色の花が6~11月ころに咲きます。

 

女郎花(オミナエシ)

黄色い花が6~9月頃に咲きます。

根っこと全草に抗菌・消炎効果があります。

 

藤袴(フジバカマ)

薄紫色の花が8~11月頃に咲きます。

全草が薬用成分となり、血糖降下や利尿作用があります。

 

朝顔(アサガオ)

これは桔梗(キキョウ)のことです。

青紫色の花が6~8月頃に咲きます。

薬用成分は根っこで、鎮痛・解毒作用があります。

 

 

まとめ

 

・秋の七草が食べれないのは観賞用だから。

・春の七草と秋の七草の違いは「草」と「花」

・秋の七草には薬用効果がある。

 

 

春の七草と秋の七草ではその役割が全然違うんですね。

七草粥を食べる習慣が日本にはあるので、つい七草といったら食べるイメージがありましたが

観賞用の七草もあるんですね。

日本には本当にすてきな習わしがたくさんあっていいですね。

 

七草粥について他にも書いた記事があるのであわせてみてください。→ 七草粥まとめ記事!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-1月の食べ物, 七草粥

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.