1月の食べ物 七草粥

七草粥は土鍋で作るとおいしい!その理由は?

 

折角七草粥を食べるならおいしく食べたいですよね。

お米も炊飯器で炊くのもいいですけど、土鍋で炊くと一味ちがっておいしくなるようです。

七草粥を土鍋でおいしく作るコツとその理由について調べてみました。

スポンサーリンク

 

七草粥を土鍋でおいしく作るコツ

お米をふっくら炊くために浸水時間と火加減が重要になります。

お米の炊き方①

 

  1. ボールに水を張った中にザルに入れたお米を研いでいきます。
  2. (あまり洗いすぎないようにしましょう。)
  3. その後30分ほど吸水させます。
  4. 吸水が合わったら水を捨てて、土鍋の中にお米と水を入れます。
  5. (お米と同じ量の水を入れます。お米2合なら水360ml)

 

お米を炊き方②

 

最初に沸騰させるのがポイントです。

 

    1. まずは強火にして一気に温度を上げて沸騰させます。
    2. 土鍋のふちから湯気が出てくるようになったら弱火にします。それから15分そのままです。
    3. それから火を止めて10分間蒸らします。
    4. (この蒸らしがふっくらお米に仕上がるポイントです。)
    5. 時間になったらふたを開けて、ご飯が土鍋にくっつかないようにしゃもじでよく混ぜます。
    6. 最後にふたをして5~10分間蒸らします。
上記の火加減は2合炊きの時の時間になります。

 

※七草粥って何で食べるの? → 七草粥の由来と七草の種類!

スポンサーリンク

七草粥を作る

 

1.鍋にお湯を沸かして、七草を入れたあと塩を加えてサッとゆでます。水気を切ってから細か

 く刻みます。

2.土鍋にご飯と水を入れて、沸騰するまで中火でコトコト煮ます。

3.沸騰したら弱火にします。

4.ご飯がほどよい柔らかさになったら刻んだ七草を土鍋に入れます。

5.ちょっとふたを開けた状態で10分くらい火にかけます。

 

この時の水の分量は

 

全がゆ   ご飯1に対して水2

七分かゆ  ご飯1に対して水3

五分かゆ  ご飯1に対して水4

三分かゆ  ご飯1に対して水8

 

※知ってました七草粥食べる日? → 七草粥はいつ食べる?

 

土鍋で炊くとおいしくなる理由

それは火加減にあります。

 

「はじめチョロチョロなかパッパ、赤子泣いても蓋とるな」

 

これはかまどでご飯を炊く時の火加減の極意伝える言葉です。

 

土鍋は熱をじわ~っとゆっく外から中へ伝えていきます。

それに対して金属製の鍋は、熱しやすく冷めやすい特性がありどうしてもムラができやすくなります。

 

お米にはアミラーゼという酵素が含まれており、このアミラーゼがお米のでんぷんを分解して

甘味や旨味の成分を作るんです。

 

そしてこのアミラーゼは、40~50°cぐらいの温度で一番よく働くことがわかっています。

 

さらに土鍋は冷めにくいので、火を止めてからも熱が冷めず蒸らしが十分に行われ土鍋全体が

均一に温かいのです。

 

そのためお米の外と中の水分が変わらないので、ふっくらした仕上がりになります。

 

まとめ

 

・七草粥が土鍋でおいしくなるのは、お米がふっくら炊けるから。

・土鍋でおいしく作るコツは「火加減」

・お米のアミラーゼが甘味を作る。

・土鍋は熱をゆっくり伝える(冷めにくい)のが利点。

 

おいしそうですね。土鍋でつくる七草粥。

人も得意なことがあるように物にも得意な使い方があるんですね。

素材や道具の特徴を上手に使って、おいしいご飯を作ってください。

 

七草粥について他にも書いた記事があるのであわせてみてください。→ 七草粥まとめ記事!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-1月の食べ物, 七草粥

Copyright© 野菜・果物だ~いすき! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.